弘前の旅の思い出アルバム
HOME > 根笹派錦風流尺八の歴史調査報告 > 弘前の旅の思い出アルバム

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その1)歴史調査の旅

今回の歴史調査の旅、事前に弘前市の竹友、藤田竹心氏より、猿賀神社宮司の山谷敬氏から、祖父の山谷義雄(孤山)が使用していました尺八や楽譜を準備しているとのこと。また、津島孤松師の弟子の岡本不二男氏の息子さんが所蔵しています父親が愛用していた尺八を見せていただけるとのことが決まったので、10月9日の早朝に自宅を出ました。今回は東北新幹線はやて7号で終点の八戸駅に、ここから特急つがる7号に乗り換えて、弘前駅に13時8分に到着しました。不要な荷物は、宿泊先の弘前グランドホテルに預けて、迎えの藤田竹心さんの車にて、山谷敬宮司さんの自宅に向かいました。5月の弘前訪問の時は、平川市の猿賀神社社務所を訪問して山谷敬氏に話をうかがうことができましたが、今回は市内にある胸肩神社の自宅で待っているとのこと。雨降りの中、胸肩神社の到着、社務所を訪ねたら、山谷氏の奥さんが、こちらにと社務所の中に案内していただきました。机の上には尺八5本と錦風流楽譜、さらに乳井建道師が昭和6年に発行しました錦風流本調子の本が並んでいました。奥さんから、まもなく主人が外出先から帰るとのことでした。10分くらいして山谷宮司が帰宅され挨拶をしました。5月の時には尺八が4本あるとのことでしたが、5本並んでいました。
5本の尺八(クリックで画像を拡大)
5本の尺八(クリックで画像を拡大)
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その2)歴史調査の旅

尺八5本の詳細は、地無し延べ2尺2寸管(銘・如月)、地付き2尺管中継ぎ(銘・如月)、地付き延べ1尺9寸管(銘・なし)、地無し延べ1尺8寸管(銘・松月)、地無し中継ぎ1尺6寸管(銘・なし)、昭和6年に乳井建道師が再版しました錦風流尺八本調子之譜の裏面には、発行された昭和6年11月10日の数日後、11月18日に乳井建道師から山谷義雄氏に贈呈と記載されていました。また、津島孤松師の直筆の楽譜には、大正8年菊月に免許皆伝を与えたことが書かれていました。
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)
津島孤松直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その3)歴史調査の旅

上段の写真は、津島孤松師のアルバムの中の1枚、正面・前列の左から二人目が山谷義雄氏、その右が師匠の小野清作氏、その右が岡本不二男氏、この時には、津島孤松師の直門である小野清作氏は師範となり、その弟子に山谷義雄氏や岡本不二男氏がいたことがわかる。明治41年1月30日撮影の写真には、小野清作社中と書いてある。山谷義雄氏は警察官であり、猿賀神社宮司でしたが、晩年は村長をしていたとのことでした。山谷家の写真正面が山谷義雄氏、後列の左端が弟の工藤虎雄氏(工藤虎雄氏は弘前東照宮の宮司であり、錦風流尺八も名手でありました。)
明治41年1月30日小野清作社中(クリックで画像を拡大)
山谷義雄(孤山)氏(クリックで画像を拡大)
山谷家の写真(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その4)歴史調査の旅

10月10日、宿泊先の弘前グランドホテルで朝食を済ませたあと、弘前公園を散策した後、弘前図書館に出かけて、虚無僧研究会の機関紙一音成仏や会報に私の錦風流尺八の歴史調査の旅が掲載されているので、その書籍を寄贈しました。その後、藤田竹心氏が車で迎えに来てくれ、津島六奥氏宅を訪問しました。ここ数日体調が悪いとのことでしたが、やっと良くなったとのことでした。弘前市の教育委員会に錦風流尺八の県技芸保持者に後藤清蔵門下の藤田竹心氏、平尾雄三氏を推薦したが、書類はすでに青森県の文化財保護課にまわり、実技試験の場所を検討中との返事があったとのこと。錦風流尺八の長老なのに、見捨てらたくやしさから、藤田さん、平尾さんを県技芸にすることを新しい目標にされました。この後、岡本不二男さんの尺八を拝見に出かけました。岡本不二男さんは津島孤松師のアルバムから、18歳の時に津島孤松師の弟子、小野清作氏に入門して錦風流尺八を学んでいたことがわかりました。岡本美登利氏の話では、父親は印刷屋をしていて、息子は4人いたが、青森市の長男はすでに亡くなり、次男は戦死、自分が三男で四男は幼少の時に亡くなったとのことでした。尺八はもう1本あったが、青森の長男が所蔵していたとのこと。楽譜は自分の家にあったが、今は見つからないとのことでした。自分が子供の時に、後藤清蔵師が先生はいますかと、車でよく迎えに来たことがあったが、自分には父親が先生と呼ばれていることが理解できなかったとのことでした。見せていただいた形見の尺八は、地無し中継ぎの2尺管で、驚くほど太い尺八でした。昔の錦風流尺八家は、こんな太い尺八を吹いていたことがわかりました。
岡本美都利氏と(クリックで画像を拡大)
太い2尺管を試し吹き(クリックで画像を拡大)
太い2尺管を試し吹き(クリックで画像を拡大)
藤田竹心氏も試し吹き(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その5)歴史調査の旅

昭和56年に錦風流尺八の県技芸が認定されたときに、松岡錦堂師、松岡竹風師、後藤貫風師、津島六奥氏、平尾雄三氏、須藤任子女史さんなどが先師の墓参りをしていますが、先師の墓地の調査した手紙には、山谷孤山師や小野正市師の墓地が田町八幡宮通りと書いてありましたが、お寺がないので疑問でした。今回の訪問で山谷敬宮司に山谷家の墓は田町通りにあると聞いたので、その場所を確認に出かけました。田町の墓地を見つけましたが、すべての墓石に奥津城と文字が刻まれているので、意味が理解できず、その意味が知りたくて、その墓地の向かい側にある熊野奥照神社の社務所を訪ねました。この神社の娘さんは藤田竹心氏の知り合いとのこと。応対してくれました女性は、林宮司で、娘さんのお母さんでした。主人が亡くなり、自分が神主をしているとのことでした。向かい側の墓地の墓石に奥津城と刻まれていることを質問したら、神道では墓石に奥津城と名前を入れて(オクツキ)と読むとのことでした。再度、墓地に戻り、山谷家の墓を探していたら、立派な石碑があるのが目につきました。なんと長利仲聴の文字が目に付きました。
長利仲聴の石碑(クリックで画像を拡大)
長利仲聴の石碑(クリックで画像を拡大)
長利家の奥津城(クリックで画像を拡大)
長利家の奥津城(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その6)歴史調査の旅

長利 仲聴(オサリ・ナカアキラ)
文政6年(1823)~明治36年(1903)4月21日  〔享年〕81歳
弘前市・熊野奥照神社の宮司であり、国学者として和歌の方でも指導者として知られていました。錦風流尺八初代宗家・乳井月影師が明治16年に書いた錦風流尺八本調子之譜の前書きは、長利仲聴が尺八の歴史について書いています。また、弘前誓願寺の本堂にあります、錦風流の祖、伴勇蔵先生を称えて、門下50名の名前が書かれた額も長利仲聴が歴史を書いています。その長利仲聴の墓を発見できたことに感動しました。
長利家の奥津城(クリックで画像を拡大)
長利家の奥津城(クリックで画像を拡大)
長利仲聴の石碑(クリックで画像を拡大)
長利家の奥津城(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その7)歴史調査の旅

山谷家の墓を探すのに遠回りをしてしまいましたが、なんと道路の向こう側にも墓地がありました。山谷敬宮司から聞いていたように、一番奥に山谷家の墓を見つけることが出来ました。
向かい側の墓地(クリックで画像を拡大)
山谷家の墓碑(クリックで画像を拡大)
山谷義雄氏の名前あり(クリックで画像を拡大)
山谷家の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その7)歴史調査の旅

山谷家の墓を調査した帰りに、藤田竹心氏の師匠でした故・後藤清蔵師宅を訪問しました。仏壇の前に置いてありました太い尺八を拝見しました。午後からは、弘前市から浪岡市に移動して以前、ヤフオクで折登如月作の地無し延べ1尺8寸管を入手しましたが、出品者の石村さん宅を訪問して、その尺八の出どこを聞くことが出来ました。石村さんは、自宅から車で5分くらいのところに、農機具を入れる鉄骨造り2階建ての倉庫があり、2階は趣味のシアタールームで、3面の壁には、古い柱時計が数多くかけてありました。石村さんは、古い柱時計の収集家で、たまたま旧家の蔵にある柱時計を見に出かけた時に、折登如月作の尺八を発見したとのことでした。帰りに藤田竹心氏と私に石村氏が作った米を5キロづつ土産にくれました。
後藤清蔵師の尺八(クリックで画像を拡大)
石村家を訪問(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その8)歴史調査の旅

11日、ホテルの朝食の後、徒歩で禅林街に移動して、盛雲院の乳井月影師の墓前で献奏をし、隣の正光寺に移動して津島孤松師の墓前で献奏しました。
乳井月影師の墓(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
正光寺の津島孤松師の墓(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.10.9~10.11)(その9)歴史調査の旅

最後に安盛院の岡本不二男氏の墓前で献奏をして、弘前を後に八戸経由で帰途につきました。
禅林街・安盛院(クリックで画像を拡大)
岡本家の墓(クリックで画像を拡大)
岡本家の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その1)

平成22年5月4日、桜が満開の弘前に向かいました。東北新幹線で盛岡駅に向かい、そこから高速バスで弘前に向かいました。弘前公園は桜が満開、夜、平尾雄三さん宅に藤田さんと出かけました。夕食前に、3人で夜桜見物をした後、平尾さん宅で奥さんの手料理をご馳走になりました。前回は、平尾さんから瀧谷孤瀧師が所蔵していました、津島孤松傳の2尺2寸管と折登如月作の地付き延べの2尺管を見せていただきました。今回は、同じく瀧谷孤瀧の吹き料、地無し2尺延管を見せていただきました。この尺八も裏面に瀧谷孤瀧の文字が彫り込まれていました。息受けの良い、太めの地無し管、本物の錦風流を吹くならば。このような尺八を使用することは、絶対条件です。今時の尺八でまねごとをしも、大道芸に過ぎません。歌口の形は、独特のもので、折登如月作の尺八も古いものは、この形ですが、その後、地付き管を製作するようになってからは、明暗流の歌口の形になりました。
瀧谷孤瀧の名前が彫られている(クリックで画像を拡大)
地無し2尺延管(クリックで画像を拡大)
地無し2尺延管(クリックで画像を拡大)
独特の形の歌口(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その2)

5月5日の早朝、宿泊先の弘前グランドホテルから弘前公園に桜見物に出かけました。
管尻部分(クリックで画像を拡大
早朝の弘前の桜(クリックで画像を拡大)
早朝の弘前の桜(クリックで画像を拡大)
早朝の弘前の桜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その3)

5月5日の早朝、宿泊先の弘前グランドホテルから弘前公園に桜見物に出かけました。
弘前公園の満開の桜(クリックで画像を拡大)
弘前公園の満開の桜(クリックで画像を拡大)
弘前公園の満開の桜(クリックで画像を拡大)
弘前公園の満開の桜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その4)

5月5日の早朝、宿泊先の弘前グランドホテルから弘前公園に桜見物に出かけました。弘前公園の前の道路には、市内の消防自動車が長い行列をして並んでいました。早朝散歩の後、藤田竹心さんの車に平尾雄三さんも乗車して、岩木山麓に出かけました。山麓の別荘地の雑木林には水芭蕉が咲いていました。
消防車の長い列(クリックで画像を拡大)
消防車の長い列(クリックで画像を拡大)
岩木山麓の水芭蕉(クリックで画像を拡大)
岩木山麓の水芭蕉(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その5)

座禅草が咲いていました(クリックで画像を拡大)
車で岩木山の上部まで行くと、残雪で寒さが堪えました(クリックで画像を拡大)
平尾雄三さんと(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その6)

岩木山の後、山麓の別荘地にあります佐藤初女さんの森のイスキアを訪問しました。ちょうど昼時、昼食を食べていきなさいとの言葉にあまえて、秋田県から届いたホタテの刺身などもご馳走になりました。ごはんは、よく噛んで食べるようにと、少し固めに炊いているのよとのことでした。お礼に私は3尺管で阿字観を吹きました。佐藤初女さんの御主人は、錦風流尺八の佐藤又一氏、若くして病死されました息子さんは、錦風流尺八は後藤清蔵門下で藤田竹心氏と同門でした。そのことを頭に浮かべながらの阿字観、横で佐藤初女さんは、涙を流しながら聞いていました。
森のイスキアの前で(クリックで画像を拡大)
佐藤初女さんと(クリックで画像を拡大)
阿字観の献奏(クリックで画像を拡大)
佐藤初女さんの講演会(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その7)

岩木山麓・百沢の野風パン工房の板垣さんを訪問の後、裏の別荘地でカタクリの花を見ました。その後、岩木山神社に参拝しました。
板垣さんのパン工房(クリックで画像を拡大)
カタクリの花(クリックで画像を拡大)
岩木山神社(クリックで画像を拡大)
岩木山神社参道(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その8)

岩木山神社本殿(クリックで画像を拡大)
乳穂が滝で献奏(クリックで画像を拡大)
乳穂が滝の説明板(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その9)

5月6日は、藤田竹心さんと黒石市を旅することにしました。車の中で藤田さんから平川市の猿賀神社のことを聞き、確か津島孤松師の弟子の山谷義雄氏は、猿賀神社の宮司をしていたと記憶していたので、途中で猿賀神社の立ち寄ってもらうことにしました。猿賀神社の大きな蓮池や土俵、津軽三味線の名人・福士の石碑んどを見たのち、猿賀神社の社務所を訪ねました。現在の猿賀神社の山谷敬宮司を出てこられ、錦風流尺八の山谷義雄氏のことを聞くと、自分の祖父とのことでした。父親は尺八を吹かなかったが、私は大学時代に琴古流川瀬派の尺八を仲間と習ったが、祖父の1尺8寸管は太くで、みんなの尺八と律が合わないので苦労したとのことでした。弘前の自宅には、祖父の尺八5本と錦風流尺八の楽譜があるとのこと。祖父の演奏した録音テープがあったが雨に濡れて、どうなったか不明とのことでした。次回、私が弘前を訪問した時には、尺八や楽譜を拝見させてもらうことを約束して猿賀神社を後にしました。
猿賀神社の鳥居(クリックで画像を拡大)
猿賀神社の蓮池(クリックで画像を拡大)
山谷敬宮司と(クリックで画像を拡大)
猿賀神社の由緒(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4~5.7)歴史調査の旅(その10)

残雪のある寒い浄仙寺が今回の旅の最後になりました。夜、弘前市に戻り、料亭東屋で藤田さんに夕食をご馳走になり、弘前グランドホテルで別れました。翌朝はタクシーで弘前駅に向かい、特急津軽で青森駅に、ここから電車を乗り換えてて八戸駅から東北新幹線で帰りました。今回の歴史調査の旅も収穫がありました。
津軽三味線の名人福士の名前がある石碑(クリックで画像を拡大)
浄仙寺本堂前で藤田氏が献奏(クリックで画像を拡大)
青森駅で駅弁を購入(クリックで画像を拡大)
青森駅で駅弁を購入(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その1)

今年4回目の弘前訪問になりました。弘前の藤田竹心氏より、都山流の境道山先生が錦風流の資料を所蔵されているとのことで、それを拝見するために弘前に出かけました。11月5日、川崎市の自宅を午前5時30分に出発しました。大宮駅で東北新幹線に乗り換えて、盛岡駅に午前9時25分に到着、9時40分発の高速バスで弘前駅に向かいました。昼に弘前駅に到着、昼食は藤田竹心氏に御馳走していただきました。午後1時30分に藤田竹心氏宅に津島六奥氏、境道山氏が来られました。藤田竹心氏は、昔、都山流尺八を境道山先生に学んだとのこと。境先生は、都山流竹琳軒大師範であり、元は青森県警の鑑識課に勤務されたとのこと。境道山先生の話:錦風流三代宗家、成田松影師の直門であり、琴古流江雲会師範の村上文雄氏は三曲の世界では自分と竹友であった。村上文雄氏は弘前市旭が丘に住んでいて彫刻家であった。村上文雄氏が亡くなった時に、息子さんの村上文憲氏から形見として、錦風流尺八の師範免状を額に入ったままもらった。その後、錦風流のことを調査していたが琴古流江雲会の竹友から東京の四代宗家・井上照影師を紹介してもらい、上京して井上宅を訪問をした。写真撮影をお願いしたら、わざわざ井上照影先生は和服に着替えられた。その写真を持参したとのこと。また、井上先生の免状の写しももらったので、それも持参したとのこと。また、自分が錦風流について調査したことを都山流の会報に掲載をお願いしたら、本部から錦風流をやるなら、都山流を退会するように通達が届いたとのこと。そのため、錦風流は断念したとのこと。境道山氏の知っている錦風流尺八家は。弘前大学で英語の先生をしていた工藤稜風氏がいた。父親の工藤稜風を継いで、二代目の工藤稜風を名乗っていた。また、中村秀雄氏は錦風流尺八家であり、琴古流尺八家でもあった。市内の道場で剣道の先生をしていた。私の都山流の弟子、弘前大学教授の山田史生氏は錦風流尺八の県技芸保持者になるために、都山流尺八をやめた。県技芸保持者は、青森県文化財保護課の分野で力をもっていた弘前大学虚教授の笹森建英氏のめにかなうものを推薦したようだ。
津島六奥氏の話:錦風流系譜で神如道師が錦風流尺八を学んだ人物に笹森建敏の名前が書いてあるが、自分の母親は笹森家であり、母の兄が笹森建敏とのこと。また、系譜の中に川口桂舟の名前があるが、川口氏は書道の先生で尺八は上手であったが、師匠がだれかわからない。(今回の調査では、藤田竹心氏の都山流の師匠、境道山氏に大変お世話になりました。)
境道山先生が四代宗家井上照影師を訪問した写真(クリックで画像を拡大)
村上文雄氏の師範免状(クリックで画像を拡大)
井上照影師の師範免状(クリックで画像を拡大)
永野旭影師から成田松影師に宗家引継ぎ(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その2)

5月の弘前訪問で受源院の後藤清蔵師の墓を見つけられませんでしたが、この日は藤田竹心氏が案内をしてくれました。また、経営が失敗して倒産しました弘前東照宮の宮司、工藤虎雄氏は錦風流尺八の名手でした。また、藤田竹心氏は、昔、弘前東照宮の夜宮では、師匠の後藤清蔵師と東照宮本殿で錦風流本曲を献奏したとのことです。今は廃墟となり、昔の面影は無くなったと藤田さんは思い出を語りました。
後藤清蔵氏の墓(クリックで画像を拡大)
弘前東照宮(クリックで画像を拡大)
弘前東照宮結婚式場(クリックで画像を拡大)
弘前東照宮(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その3)

弘前東照宮(クリックで画像を拡大)
工藤宮司の本宅(クリックで画像を拡大)
東照宮裏の川は秋には鮭が遡上する(クリックで画像を拡大)
岩木山を望む(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その4)

九代藩主寧親公の命により、藩士、吉崎八弥は虚無僧寺の一月寺に入門して、3年間修行をして弘前に戻りました。
九代藩主・寧親公(クリックで画像を拡大)
九代藩主・寧親公(クリックで画像を拡大)
晩秋の弘前城(クリックで画像を拡大)
弘前公園から岩木山を望む(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その5)

紅葉の弘前公園では秋の菊祭りの最中でした。春の桜、秋の菊祭りには、多くの人が出かけます。
お濠の中の菊(クリックで画像を拡大)
お濠の中の菊(クリックで画像を拡大)
お濠の中の菊(クリックで画像を拡大)
菊の五重塔(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その6)

弘前公園の菊祭り(クリックで画像を拡大)
岩木山神社(クリックで画像を拡大)
藤田竹心氏(旧姓・須藤昌宏)の名前がある(クリックで画像を拡大)
登山囃子・歴代優勝者の名前がある(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その7)

岩木山神社参拝の後、岩木山山麓の別荘地にあります、森のイスキアを訪問しましたが、この日は佐藤初女さんは不在でした。
岩木山神社山門(クリックで画像を拡大)
佐藤初女さんの森のイスキア(クリックで画像を拡大)
庭にはダライ・ラマが植樹したクルミの木が(クリックで画像を拡大)
森のイスキアから岩木山を望む(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.5~11.7)歴史調査の旅(その8)

森のイスキアを訪問の後、さらにスキー場近くの林で、パン工房の店を出しています、板垣孝尚さんを訪問しました。板垣さんは藤田竹心氏の門下です。
野風パン工房(クリックで画像を拡大)
板垣さんと(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.9.8~9.9)歴史調査の旅(その1)

今年3回目の弘前訪問。9月8日の早朝に予定していました新幹線はやて号が満席のため予定を変更して9月7日の夜、埼玉県大宮駅前のホテルに宿泊して、8日の朝、6時30分発のやまびこ号で盛岡に向かいました。盛岡駅9時40分発、弘前行の高速バスに乗車し、12時に弘前駅に到着しました。弘前駅には藤田竹心氏が、迎えに来てくれました。市内で有名な日本そばの店、高砂で昼食をご馳走になり、ねぶた村を見学した後、正光寺の津島孤松師の墓参りを予定していたところ、津島六奥氏が、今日は19歳で交通事故死した長男の命日なので、一緒に墓参りに出かけたいとのことで、津島さん宅に迎えに行き、途中で花屋に立ち寄り、正光寺の津島家の墓で献奏させていただきました。津島孤松師の墓石の横面には、津島千代子、大正7年6月3日没、18歳と文字が刻まれていました。津島孤松師は一人娘を病気で亡くしたので、津島孤松師のアルバムを見れば、晩年、どことなく寂しいような顔に見えました。また、津島六奥さんから、津島孤松師が自慢にしていた折登如月作の地無し管、金で銘が書いてあったもの。戦後、青森市内の土建屋の社長が所蔵しているのかわかり、何度か訪問して、その尺八を買い戻そうとしたが、だめだったとのことでした。正光寺の向かい側、曹洞宗・安盛院に眠る、津島孤松師の弟子、岡本不二男さんのお墓は5月の弘前訪問では、見つけることが出来ませんでしたが、藤田竹心氏が以前、お参りしたことがあるとのことで、案内していただき、墓前で調を献奏することが出来ました。津島六奥氏は昔、青森市内で小間物屋をしていた瀧谷孤瀧師に入門しましたが、奥さんの鋭いまなざしに、3回でやめてしまい、その後、岡本不二男さんに入門しようかと思ったことがあるとのことでした。結局は松岡幸一郎師の弟子になったとのこと。夕食の後、薩摩琵琶のリサイタルを控えた平尾雄三さんの琵琶の演奏が聞きたいことを伝えたら、夜の8時頃がいいとのことで、平尾さん宅を訪問しました。前回訪問した時は、瀧谷孤瀧師の吹き料である折登如月作の地付き延べ2尺管を拝見しましたが、今回は昭和7年8月津島孤松傳と瀧谷孤瀧が文字を掘り込んだ地無し2尺2寸管を見せていただきました。瀧谷孤瀧師は昭和6年6月に津島孤松師に入門、昭和7年8月に免許皆伝を受けた時に、津島孤松師から拝領した名管です。この夜は、平尾さんが壇之浦の演奏を聞かせてくれました。
津島孤松師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
平尾雄三(鶴朋)氏の薩摩琵琶演奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師傳の尺八(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.9.8~9.9)歴史調査の旅(その2)

今回は急ぎの旅になりましたが、平尾さんの演奏も聞くことが出来、また津島孤松傳の名管も拝見出来、有意義な旅になりました。
瀧谷孤瀧師が愛用していた尺八(クリックで画像を拡大)
瀧谷孤瀧師(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.7.29~8.3)歴史調査の旅(その1)

弘前市在住の津島六奥氏、藤田竹心氏との出会い
5月に弘前を訪問して、錦風流尺八先師の墓参りをしましたが、その時に正光寺の津島孤松師の墓、津島家の墓石はたくさん並んでいましたが、それぞれにきれいな花がお供えしてあるのが記憶に残っていました。これまで尺八界では、津軽錦風流3名人の一人、津島孤松師の写真は見たことがありませんでした。その手掛かりにと、正光寺住職に手紙をだすことにしました。5月に津島家の墓にお参りしたら、きれいな花がお供えしてあったのですが、市内に津島家の方がいたら教えていただけませんかと書きました。それから1週間くらいして、弘前市の津島六奥氏から達筆の手紙が届きました。自分は津島家の16代にあたるとのこと。先祖は弘前藩の武士で郡奉行をしていたとのこと。津島孤松(賢四郎)は自分の叔父にあたるとのことでした。手紙を読んだ後に、すぐに津島六奥さんに電話をしました。もしかして、津島孤松師の写真がないかと尋ねたところ、仏壇の引き出しに1枚あるとのことでした。私はその写真が見たいので、すぐにでも弘前に出かけたいことを伝えました。そうしたら津島六奥さんから、こんな1枚の写真のためにわざわざ弘前まで来てもらうのは気の毒だから写真は手紙で郵送するとのことでした。私は写真よりも津島さんに会いたいことを伝えたら、私が席を準備しておきますとのことでした。せっかく弘前に出かけるのに、地元の錦風流尺八家を訪問したいと思い、仙台市在住の竹友、高橋泰祐さんにお願いして、後藤清蔵門下の兄弟子、藤田竹心氏に連絡をとってもらいました。7月30日の午前9時過ぎに訪問することで了解をいただきました。7月29日の夜、東京駅前を弘前経由青森駅行の夜行バスに乗車しました。5月に弘前訪問をした時は、弘前公園が桜まつりの最中、夜行バスも臨時のバスしか空きがなく、まだ雪の残る東北、薄い毛布に簡易なカーテン、体が冷えて、とうとう朝まで寝ることは出来ませんでしたが、今回は通常の夜行バスなので、朝まで熟睡することができました。午前8時30分、定刻に弘前駅に到着しました。朝食を済ませて、藤田竹心氏宅にタクシーで向かいました。昼に津島六奥さんを訪問することを伝えたら、自分も同行したいと、津島さんに電話で了解をもらいました。昼に料亭に到着、初めて津島六奥さんに会うことが出来ました。私が、写真1枚のために遠路、弘前まで来るのは気の毒だと、自宅の物置の中から津島孤松師の形見のアルバム、楽譜も探して持参したとのことでした。弘前では錦風流県技芸保持者の松岡幸一郎、松岡俊二郎、後藤清蔵氏の3人が亡くなったあと、地元では最年長の錦風流尺八家の自分に県からお声がかかると待っていたら、どうしたことか、後藤清蔵門下の須藤任子さんや松岡俊二郎氏の門下、山田史生氏が県技芸保持者になり、大先輩として悔しい思いをしてきたとのことでした。津島六奥氏は県技芸保持者・松岡幸一郎氏のただ一人の弟子であったとのこと。松岡幸一郎氏は、非常に厳しい人物で、演奏会の事前の会議でも、松岡幸一郎氏が、声を荒げたら、弟の俊二郎氏も下を向いてただ黙って聞くだけだったそうです。青森県も錦風流県技芸保持者が何かを知る人もいないのが現状です。津島孤松師のアルバムを貸していただき、津島孤松師の立派な姿の写真を修整して、大きくして津島さんに送ったところ、額を購入して叔父の写真をいれて仏壇に飾りましたと、返事がありました。津島孤松師のアルバムには、門下の士族の弟子たちが
多数いましたが、驚いたのは、津島孤松師が、津軽郁田流のお琴の先生たちと三曲合奏をしていたことです。津島孤松師の直筆の楽譜には錦風流の他に筝曲との合奏譜面も多数ありました。また、津島さんが所蔵の、叔父の津島孤松師の形見の尺八、折登如月作の地無し1尺9寸管と1尺6寸管も見せていただきました。


津島六奥氏と記念写真を(クリックで画像を拡大)
藤田竹心氏と津島六奥氏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の形見の尺八(クリックで画像を拡大)
津島孤松師直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.7.29~8.3)歴史調査の旅(その2)

津島孤松師は昭和7年10月4日に青森市内の自宅で胃がんのため亡くなり、近くの曹洞宗常光寺に埋葬されましたが、その後、墓守をする人もいなくなり、津島家の本家がある弘前の曹洞宗・正光寺に墓を移したとのことでした。津島孤松師の墓から、隣の盛雲院にある師匠の乳井月影師の墓を望むことが出来ます。津島孤松師や弟子の方々が使用しました尺八は、すべて津軽3名人の1人、
折登如月作でした。
津島孤松師直筆の楽譜(クリックで画像を拡大)
書生時代の津島孤松師(クリックで画像を拡大)
津島孤松師(クリックで画像を拡大)
門下と津島孤松師(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.7.29~8.3)歴史調査の旅(その3)

津軽郁田流との合奏(クリックで画像を拡大)
弘前市・古部帰河子社中演奏会(クリックで画像を拡大)
小野多み賀社中演奏会(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その1)

平成21年4月30日に夜行バスで東京駅前を出発、5月1日の早朝に弘前駅前に到着しました。弘前図書館に立ち寄り、弘前中央駅から弘南鉄道大鰐線に乗車して、千年駅に向かいました。電話連絡してありました、錦風流尺八県技芸保持者、故・松岡竹風(俊二郎)氏宅を訪問しました。前年に他界されました津島孤松系の松岡幸一郎・松岡俊二郎氏の形見の尺八や楽譜も拝見することができました。また神田可遊氏の尺八評論7号の記事に、昭和55年6月に錦風流尺八が青森県無形文化財に指定されたので、後藤清蔵氏、松岡幸一郎氏が先師の墓を調査されたことが書かれていました。その元になった手紙や、墓前での献奏写真も見ることができました。松岡家では、奥さんや娘さんの手作り料理もいただき、娘さんの御主人には、ホテルまで車で送っていただきました。5月2日は、ホテルからタクシーで錦風流尺八の祖ともいえる伴勇蔵師の菩提寺である誓願寺に向かいましたが、愛想のいい女性ドライバーが勘違いをしたのか、岩木川沿いにある津軽家の菩提寺、革秀寺前でここですと言い、私を降ろして帰りました。いざお寺の山門に行くと、誓願寺ではありませんでした。革秀寺の本堂は茅葺で、庭は桜が満開でした。とりあえず、こちらを見学してから、地図の上で誓願寺を確認して、徒歩で岩木川の流れを見ながら、なんとか誓願寺に到着。誓願寺の奥さんから
本堂にある錦風流の額の説明を聞いたり、伴勇蔵師の墓を案内してもらい献奏することができました。
重要文化財の鶴亀門(クリックで画像を拡大)
鶴亀門の説明板(クリックで画像を拡大)
誓願寺本堂(クリックで画像を拡大)
錦風流の額(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その2)

誓願寺の敷地は、元は広大であったが今では、隣の小学校の敷地になっていて、江戸時代に火災にあうまでは、本堂も今の倍の大きさだったそうです。
伴勇蔵師の墓(クリックで画像を拡大)
伴勇蔵師の墓(クリックで画像を拡大)
伴勇蔵師の墓(クリックで画像を拡大)
伴勇蔵師の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その3)

新町の誓願寺を後に、禅林街にある乳井月影師の菩提寺・盛雲院に徒歩で向かいました。盛雲院の墓地は、本堂裏の階段を下った下にありました。その途中に、大きな石でできた三味線の撥がある墓が目につきました。説明を読むと津軽三味線の名人・木田林松栄師のお墓でした。ここから墓地を見下ろして、こんな広い墓地で果たして、初代錦風流宗家・乳井月影師の墓を見つけることができるか、不安な気持ちで石段を墓地におりました。足のおもむくままに墓石の間を歩いていたら、自然石でできた墓石が目にとまりました。その墓石には乳井氏とあり、その奥の少し小さな石には月影院笛聲永昌居士と刻まれていました。私に早く来て尺八を吹いてくれと言わんばかりのように感じました。
盛雲院を望む(クリックで画像を拡大)
盛雲院を望む(クリックで画像を拡大)
津軽三味線の名人・木田林松栄師の墓(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その4)

乳井月影師の墓(クリックで画像を拡大)
墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その5)

乳井月影師の墓参りの後、隣のお寺正光寺に乳井月影師の弟子で津軽3名人の一人、津島孤松師の墓を探すことにしました。こちらも本堂横を墓地に向かうと、花がたくさん供えられた由緒あるような墓が目につきました。その数ある墓の文字が津島なので、よく見たら錦風院殿竹翁孤松居士の名前がありありました。いかにも錦風流の名人のような名前でした。昭和7年10月4日、津島賢四郎、75歳と刻まれていました。こ津島家の墓から右前方に盛雲院の墓地、乳井月影師の墓を見ることができます。亡くなっても師弟関係の強いつながりがあるのでしょうか。
津島家の立派な墓(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓(クリックで画像を拡大)
津島家の立派な墓(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓に献奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その6)

乳井月影師の墓を望む(クリックで画像を拡大)
正光寺(クリックで画像を拡大)
正光寺本堂(クリックで画像を拡大)
正光寺(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その7)

津島孤松師の菩提寺・正光寺の向かいに津島孤松師門下の岡本不二夫氏の菩提寺の安盛院がありました。(墓はわからず)次は柴田峰月氏の海蔵寺へ。(墓はわからず)。次は津島孤松門下の松岡金一、長男で県技芸保持者であった松岡幸一郎氏の菩提寺・寿松院を訪問、住職の奥さんが松岡家の墓を案内してくれ、献奏ができました。
岡本不二夫氏の安盛院(クリックで画像を拡大)
柴田峰月氏の海蔵寺(クリックで画像を拡大)
松岡金一、幸一郎親子の菩提寺、寿松院(クリックで画像を拡大)
松岡家の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その8)

松岡金一さんは、津島孤松師の弟子で当時はめずらしく、台湾にリンゴの輸出をしていたとのこと。花見の席で尺八を吹いている写真がありました。
松岡家の墓に献奏8クリックで画像を拡大)
寿松院本堂(クリックで画像を拡大)
禅林街の説明板(クリックで画像を拡大)
禅林街の説明板(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その9)

次は流し六段の名手・芳樹和尚の墓がある蘭庭院です・最近、本堂が建て替えられたので、その昔、芳樹和尚の吹く流し六段を縁の下に忍んで聞いていた、伴勇蔵師の話は、想像できません。蘭庭院十七世鉄山芳樹和尚の墓、天保14年正月没、41歳と文字が刻まれています。
蘭庭院山門(クリックで画像を拡大)
蘭庭院山門(クリックで画像を拡大)
蘭庭院本堂(クリックで画像を拡大)
十七世鉄山芳樹和尚(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その10)

蘭庭院の十七世鉄山芳樹和尚の墓前で献奏の後、川口桂舟氏の菩提寺である長徳寺に向かいました。
歴代住職の墓石(クリックで画像を拡大)
鉄山芳樹和尚の墓石(クリックで画像を拡大)
歴代住職の墓石(クリックで画像を拡大)
長徳寺山門(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その11)

朝からかなりの距離を歩き、炎天下、疲労困憊に中、長徳寺の裏山の墓地の広さを見たら果たして川口家の墓が見つかるかどうか不安でしたが、坂道をのぼる途中に観音様に石像が目につきました。そばによると、いきなり川口桂舟の名前が目に入りました。こちらも早く尺八を吹いてくれといわんばかりでした。献奏が終わると疲れでしばらく座り込んでしまいました。空腹でも、禅林街に店がありませんでした。
長徳寺本堂(クリックで画像を拡大)
川口桂舟氏の墓(クリックで画像を拡大)
川口桂舟氏の墓(クリックで画像を拡大)
献奏をしました(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その12)

禅林街から新寺町に歩く途中にソバ屋を見つけ、やっと遅い昼食を済ませることが出来ました。真教寺の野村貫風氏、正蓮寺の成田直道氏の墓は見つかりませんでした。
野村貫風氏の菩提寺・真教寺(クリックで画像を拡大)
真教寺本堂(クリックで画像を拡大)
成田直道氏の菩提寺・正蓮寺(クリックで画像を拡大)
正蓮寺本堂(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その13)

天徳寺の内山嶺月氏の墓は見つからず。その近くの西光寺の森庸三氏の墓は見つかり、献奏すうことが出来ました。
内山嶺月氏の菩提寺・天徳寺(クリックで画像を拡大)
森庸三氏の西光寺(クリックで画像を拡大)
森庸三氏の墓(クリックで画像を拡大)
森庸三氏の墓(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その14)

受源院の後藤清蔵氏の墓は見つかりませんでした。この日の墓参りもやっと終了し、足が棒のようになりましたが、宿泊先の土手町にありますスーパーホテルに向かい、帰途につきました。
森庸三氏の墓(クリックで画像を拡大)
後藤清蔵氏の菩提寺・受源院(クリックで画像を拡大)
後藤清蔵氏の菩提寺・受源院(クリックで画像を拡大)
最勝院に立ち寄りました(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その15)

この日の寺巡りの最後は最勝院の鐘をついて1日の〆にしました。最勝院を後に帰途の途中に、富田の清水がありました。こんな車の多く行きかう街中に今でも、きれいな水が湧いているのには驚きました。保健所の飲料できるとの貼り紙があり、疲れた中、おいしい水を飲むことが出来ました。
最勝院五重塔(クリックで画像を拡大)
最勝院本堂(クリックで画像を拡大)
富田の湧き水(クリックで画像を拡大)
富田の湧き水(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1~5.4)歴史調査の旅(その16)

5月3日、ホテルの朝食を済ませてから、弘前駅に向かい、弘南鉄道弘南線で黒石駅に向かいました。黒石駅近く、圓覚寺にあります斎藤周童氏の墓参りに出かけました。斎藤周童氏は、琴古流は東大医学部時代に三浦琴童氏に師事、また錦風流は津島孤松師に師事した方です。弘前の旅も目的を果たして、この日の夜行バスで東京に向かいました。
圓覚寺山門(クリックで画像を拡大)
斎藤周童氏の墓(クリックで画像を拡大)
圓覚寺本堂(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.11.6)

平成21年11月6日、弘前を訪問しました。今回は、藤田竹心氏宅にて、地元弘前三曲協会で活躍されています、都山流尺八の境道山先生にお会いすることが出来ました。境先生から、今迄、錦風流尺八の蒐集した資料を拝領しました。上段の写真は、境先生が上京された時に、錦風流尺八四代目宗家・井上照影師宅を訪問された時のものです。(平成12年1月撮影)、中段の写真は、弘前で彫刻家であった村上文雄氏が、錦風流三代目宗家・成田松影師から、もらった師範免状です。村上氏と私の師匠・岡本竹外先生は兄弟弟子になります。この免状は、村上文雄氏が亡くなった時に、境道山先生が形見にもらったものです。下段の写真は、二代目宗家・永野旭影師から三代目宗家・成田松影師に引き継がれた時の覚書です。
四代宗家と境道山氏(クリックで画像を拡大)
宗家の引き継ぎ書(クリックで画像を拡大)
村上文雄氏の免状(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.4)

平成22年5月4日、弘前訪問で、平尾雄三氏宅を訪問して、瀧谷孤瀧師が使用していました地無し2尺延管を拝見しました。裏面に瀧谷孤瀧の文字が刻まれている。錦風流尺八なので、現代管よりも一回り太い。長年吹かれた尺八なので、音味の素晴らしさは表現できない。まさに津軽の味が出せる尺八だ。
裏面に瀧谷孤瀧の文字が(クリックで画像を拡大)
地無し2尺延べ管・銘なし(クリックで画像を拡大)
津軽独特の歌口(クリックで画像を拡大)
裏面に瀧谷孤瀧の文字が(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.5)

平成22年5月5日、佐藤初女さんの森のイスキアを訪問しました。佐藤初女さんは「おむすびの祈り」「いまを生きる言葉」「初女さんのお料理」の著書や、映画「地球交響曲第二番」で広く活動が知られています。森のイスキアを訪問した時に、お昼を食べて行きなさいと言葉をかけていただき、おいしい料理をいただきました。佐藤初女さんの息子さん、佐藤芳信さんは、若くして病気で亡くなっています。佐藤芳信さんは錦風流尺八は後藤清蔵氏の門下でした。ご馳走になったお礼に、3尺管で阿字観を聞いていただきましたが、佐藤初女さんは、私の演奏に涙を流しながら聞いていました。私にとっても忘れ難い旅になりました。森のイスキアの屋外で、地元の錦風流尺八家・藤田竹心氏、平尾雄三氏と3人で調、下り葉の合奏をしました。
佐藤初女さんと森のイスキアにて(クリックで画像を拡大)
3尺管で阿字観の演奏(クリックで画像を拡大)
森のイスキアの前で(クリックで画像を拡大)
森のイスキアの側の水芭蕉(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2010.5.6)

平川市にあります猿賀神社は蝦夷征伐のために北上した坂上田村麿が「神蛇宮」として建立したと伝えられていいます。上段の写真は猿賀神社の鳥居。藩政時代に入り、津軽為信公より祈願所と定められた。5月6日、猿賀神社を訪問し、山谷敬宮司にお会いして、祖父の山谷義雄氏は錦風流尺八は津島孤松師の門下であったので、尺八や楽譜が残っていないか確認をしたところ、自宅にあることがわかり、次回に弘前を訪問した時に拝見させていただきことにしました。山谷敬氏も大学時代に、川瀬派の琴古流を学んだとのことです。写真中段は、山谷敬宮司と、下段は猿賀神社の本殿。猿賀神社の境内には広大な蓮池があります。
猿賀神社の鳥居(クリックで画像を拡大)
山谷敬宮司と(クリックで画像を拡大)
猿賀神社本殿(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その1)(2012.5.11~5.14)

虚無僧研究会献奏大会が、10月7日に弘前誓願寺で開催することになり、事前にPRを兼ねて、虚無僧研究会の小菅会長、幹事の阿部氏と平成24年5月11日に弘前を訪問しました。弘前市役所では、市長室に葛西市長を訪問し、地無し3尺管の演奏を聞いていただきました。
市長室で演奏(クリックで画像を拡大)
市長室で演奏(クリックで画像を拡大)
葛西市長に献奏会の説明(クリックで画像を拡大)
葛西市長に献奏会の説明(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その2)(2012.5.11~5.14)

その後、浄土宗誓願寺を訪問しました。誓願寺には、錦風流尺八の祖・伴勇蔵建之師の墓もあり、本堂には伴勇蔵師をたたえ、明治20年に地元の錦風流尺八家・50名が名前を連ねた額も掲げられています。また、弘前城や弘前の町並みを風水などの知識で決めたと言われています軍師・沼田面松斎の墓もあります。誓願寺にあります錦風流尺八の祖・伴勇蔵建之師の墓前で、阿部敏行氏が献奏をしました。その後、誓願寺客殿にて、10月の献奏大会について、小坂住職との打ち合わせをさせていただきました。
誓願寺山門(クリックで画像を拡大)
誓願寺庭にて(クリックで画像を拡大)
伴勇蔵の墓で献奏(クリックで画像を拡大)
小坂住職と打ち合わせ(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その3)(2012.5.11~5.14)

夕食は平尾雄三さん宅に招待されました。平尾雄三さんは、錦風流尺八の県技芸保持者であると共に、薩摩琵琶は鶴田錦史さんの弟子でもあります。夕食会には近所の三戸建次さんも来られました。三戸さんは、秩父宮殿下の菊池別邸での御前演奏で、斎藤周童氏が使用された錦風流用地無し2尺管を持参してくれました。
平尾雄三さんの薩摩琵琶演奏(クリックで画像を拡大)
斎藤周童氏の吹き料(クリックで画像を拡大)
斎藤周童氏の吹き料(クリックで画像を拡大)
夕食会(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その4)(2012.5.11~5.14)

この日は、野風パン工房の板垣氏が、私たちを青森観光に車で連れていってくれました。五所川原市の立佞武多館を見学し、昼食の後、太宰治の斜陽館を見学し、青森市内に移動して青森ねぶたのワ・ラッセを見学しました。
五所川原の立佞武多の館(クリックで画像を拡大)
五所川原の立佞武多の館(クリックで画像を拡大)
青森のワ・ラッセにて(クリックで画像を拡大)
青森のワ・ラッセにて(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その5)(2012.5.11~5.14)

夕食は市内の料亭で地元で有名な田酒や大間のマグロ料理を板垣さんにご馳走していただきました。
大間のまぐろ(クリックで画像を拡大)
夕食会(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その6)(2012.5.11~5.14)

小菅会長、阿部敏行幹事が東京に帰られたので、朝から晴天のこの日は、岩木山麓の野風パン工房の板垣さんを訪問し、3尺管で稽古をしました。山桜の咲く、さわやかな時期ですが、カメムシも繁殖して要注意です。
残雪の岩木山(クリックで画像を拡大)
3尺管での稽古(クリックで画像を拡大)
3尺管での稽古(クリックで画像を拡大)
野風パン工房の景色(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その7)(2012.5.11~5.14)

野風パン工房での稽古の後、同じく岩木山麓の別荘地にあります、佐藤初女さんの森のイスキアを散策しました。近くの林には、水芭蕉や座禅草が咲いていました。
野風パン工房の景色(クリックで画像を拡大)
森のイスキア(クリックで画像を拡大)
森のイスキア(クリックで画像を拡大)
水芭蕉(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その8)(2012.5.11~5.14)

岩木山麓から弘前市内のリンゴ公園に移動して昼食の後、この日はねぷたや津軽三味線の演奏、岩木山神社のお山参拝などたくさんのイベントがありました。
お山参拝の行列(クリックで画像を拡大)
赤平氏はのぼり持ち(クリックで画像を拡大)
お山参拝の行列(クリックで画像を拡大)
お山参拝の行列(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(その9)(2012.5.11~5.14)

舞台では津軽民謡の歌や踊りがありました。津軽三味線の名手・渋谷和生氏も門下の方々と演奏されました。
板垣氏、渋谷氏と記念写真(クリックで画像を拡大)
津軽小原節(クリックで画像を拡大)
歌の名人と(クリックで画像を拡大)
近くの古民家で古管尺八を演奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅:津軽軍師・沼田面松斎顕彰会(1)(2014.10.13)

平成26年10月13日(祝)弘前市誓願寺において、弘前藩・初代藩士・津軽為信公の軍師であり、風水、易学に通じ、津軽の要にふさわしい弘前城と町割りの場所選定に多大な功績を残した、沼田面松斎顕彰会の第4回目が、開催されました。今回の記念講演は、私が担当をしました。タイトルは「津軽に伝わる武士の音楽」と題して、講演と尺八演奏をしました。
誓願寺本堂横の墓地にて(クリックで画像を拡大)
沼田面松斎のお墓(クリックで画像を拡大)
沼田面松斎の墓に3尺管で献奏する(クリックで画像を拡大)
本堂にて、阿字観の献奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅:津軽軍師・沼田面松斎顕彰会(2)(2014.10.13)

地元弘前に伝わる根笹派・錦風流尺八の歴史と、誓願寺本堂にあります錦風流尺八の祖・伴勇蔵建之師の功績をたたえる額について、出席された方々に説明をしました。 また、錦風流尺八本曲、調、下り葉の曲を地元の錦風流伝承会の藤田竹心氏、高橋勝良氏に演奏していただきました。懇親会では、錦風流伝承会の顧問・津島孤風氏を中心に歓談をしました。
本堂での講演(クリックで画像を拡大)
藤田竹心、高橋勝良氏による錦風流調、下り葉の献奏(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管による奥州薩字の演奏(クリックで画像を拡大)
講演の後、本堂での懇親会(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2015.10.11~10.15)

錦風流尺八の地元、弘前での錦風流尺八伝承会に皆さんの研修会が10月14日の夕方5時より開催されました。 伝承会の皆さんは、私の製作しました地無し2尺管を使用しています。写真の前面に、折登如月作の地付き、中継ぎの2尺管がありますが、地無し管との合奏になれば、地の付いた尺八の響きの悪い音味が混ざり、不快に聞こえてきます。
錦風流伝承会の皆さん(クリックで画像拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その1)

5月12日(木)弘前訪問の夕方、岩木山麓の野風パンを訪問し、久々に板垣氏と耕月会の課題曲の稽古をしました。また夕食は、近くにあります岩木荘のレストランで藤田竹心氏と一緒に御馳走になりました。板垣氏も耕月作の地無し3尺管の音味を出せるようになりました。稽古は午後10時に終わりましたが、外はさすがに寒く感じました。
板垣氏の野風パン工房とログの喫茶室(クリックで画像を拡大)
耕月会の課題曲の内容を説明する(クリックで画像を拡大)
板垣氏の3尺管演奏(クリックで画像を拡大)
夕食会:左が藤田竹心氏、右が板垣孝尚氏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その2)

5月14日(土)午後3時より6時まで、弘前市青少年センターの音楽室にて、地元錦風流伝承会の皆さんの研修会が開催されました。私が太い地無し管を丹田力で鳴らす奏法の指導をしました。錦風流は波浪息が基本なので、口先で吹く奏法では、風きり音が出るので、これを無くするための稽古でした。
皆さん、普段からの稽古で、地無し管を鳴らす奏法が身についてきました。
音楽教室での研修(クリックで画僧を拡大)
地無し3尺管での丹田奏法(クリックで画僧を拡大)
赤平氏は3尺管を見事に鳴らします(クリックで画僧を拡大)
地無し3尺管を向井氏に披露する(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その3)

5月15日(日)白神山地に完成した津軽ダムに向かう途中、西目屋村に建てられました、すばらしい施設、白神山地ビジターセンターの敷地内で木彫りの芸術家・向井勝實氏との出会いがありました。今回の作品は、西目屋村村長の依頼で、栃木県那須から運んできました孟宗竹を使用し、長さ26mの巨大な飛行船のような作品を製作中でした。また、向井氏より、これまで海外に出かけて製作しました大木の彫刻作品のアルバムも拝見することができました。今月末にこの竹の作品も完成させ、今度はベトナムに3か月出かけるとのことでした。津軽ダムに向かう途中の川岸にも向井氏が以前に製作された木彫りの作品がありました。
右が向井勝實氏(クリックで画像を拡大)
向井氏の作品アルバム(クリックで画像を拡大)
西目屋村に展示する巨大な竹の作品(クリックで画像を拡大)
乳穂ガ滝で献奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その4)

津軽ダムに向かう途中、乳穂ケ滝に立ち寄り、献奏しました。この滝は落差33mで冬季に氷瀑がすばらしい姿を見せてくれます。また、この滝の近くの川岸には向井勝實氏の作品がありました。完成した津軽ダムは落差100mあり、以前あった目屋 ダムは、津軽ダムの上流60mに水没しています。
向井勝實氏の作品(クリックで画像を拡大)
向井勝實氏の作品(クリックで画像を拡大)
完成した津軽ダム(クリックで画像を拡大)
津軽ダムの放流(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その5)

津軽ダムを見た帰りに、再度白神ビジターセンターに立ち寄りました。西目屋村観光課の職員の方も、向井勝實氏の竹材加工の手伝いをしていました。
製作途中の竹の輪を庭木に立てかけた舞台で、みなさんに3尺管で阿字観の演奏を聞いていただきました。こんな自然環境では、地無し管の柔らかい音味が溶け込んでいくようです。 こんな風の吹く環境では、口先で尺八を吹いても音にはならない。やはり丹田の力で鳴らすことが重要であることがわかる。
向井氏の作品の前で演奏する(クリックで画像を拡大)
向井氏の作品の前で演奏する(クリックで画像を拡大)
向井氏の作品の前で演奏する(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その6)

桜の花も終わり、新緑に覆われた弘前公園の早朝。石垣の改修工事の為に移動した弘前城の様子。また、リンゴ公園はリンゴの白い花も咲いて、背景に残雪の岩木山がすばらしい姿を見せていました。
天守閣が移動した石垣(クリックで画像を拡大)
現在の弘前城天守閣(クリックで画像を拡大)
現在の弘前城天守閣(クリックで画像を拡大)
リンゴ公園からの岩木山(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(平成28年5月12日~16日)(その7)

5月16日(月)弘前最後に日の早朝に、禅林街・盛雲院にあります錦風流初代宗家・乳井月影師と同じ墓に眠る孫で、小野寺源吉師に鶴の巣籠の名人でした乳井建道師の墓前で献奏をして、隣の正光寺に移動し、乳井月影師の弟子であった、津島孤松師の墓前でも献奏をして、弘前駅に向かい帰宅の途につきました。今回の旅での地元の竹友、藤田竹心氏に大変お世話になりました。
盛雲院の墓地・乳井家の墓(クリックで画像を拡大)
乳井家の墓に献奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓に献奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓に献奏する藤田竹心氏(クリックで画像を拡大)

弘前からの便り(2016.8.21)

青森県弘前市錦風流伝承会の高橋壽月氏より手紙にて、市内のギャラリ森山で8月1日から31日まで「幽霊展」と題して、幽霊画を集めた展示会が開催され、初日の御供養の読経に続いて、高橋壽月氏が錦風流本曲を献奏されました。NHK弘前放送局では、この様子がニュースで放送されました。
錦風流本曲を献奏される高橋壽月氏(クリックで画像を拡大)
献奏される高橋壽月氏(クリックで画像を拡大)

弘前からの便り(2016.9.18)

古典尺八と錦風流尺八演奏会のお知らせ。
平成28年10月16日(日)午後6時30分より午後8時まで、弘前市立観光館多目的ホールにおいて、地元の錦風流尺八家・県技芸保持者 藤田竹心氏の主催で錦風流尺八演奏会が開催されます。錦風流尺八伝承会の皆さんと私が賛助出演します。
演奏会プログラム(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2016.10.16)弘前市観光館ホールでの演奏会(その1)

10月16日、午後6時30分より弘前市観光館多目的ホールで古典尺八と根笹派錦風流尺八演奏会が開催されました。前半の演奏は地元弘前市の錦風流尺八伝承会の皆さんの演奏。
1.古典尺八曲「調子」全員での合奏
2.呼び竹ー高橋濤月  受け竹ー全員
3.錦風流「調・下リ葉」 全員
4.錦風流「松風調べ・松風」-藤田竹心
5.「三谷清攬」-高橋濤月
後半「古典尺八演奏とお話」は前川耕月が担当しました。
6.「阿字観」地無し3尺管
7.小野寺源吉傳・鶴の巣籠 地無し1尺6寸管
8.布袋軒産安・竹調べ 地無し2尺管(古管)
9「神保三谷」 地無し2尺7寸管
10.「越後鈴慕・鉢返し」 地無し2尺3寸管
演奏会会場案内板(クリックで画像を拡大)
尺八体験コーナー(クリックで画像を拡大)
開場前の打ち合わせ(クリックで画像を拡大)
藤田竹心氏の挨拶(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2016.10.16)弘前市観光館ホールでの演奏会(その2)

錦風流尺八県技芸保持者の藤田竹心氏が平成22年に立ち上げました錦風流尺八伝承会、私が地元に残る、折登如月作の太い地無し2尺管を参考に、会員の皆さんが稽古に使用する尺八を製作して、提供しました。今回の皆さんの合奏の音味は、柔らかくて素晴らしい響きでした。
錦風流伝承会の皆さん(クリックで画像を拡大)
受け竹の演奏(クリックで画像を拡大)
調・下リ葉の合奏(クリックで画像を拡大)
藤田竹心氏の松風演奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2016.10.16)弘前市観光館ホールでの演奏会(その3)

高橋濤月氏の三谷清攬(クリックで画像を拡大)
前川耕月の挨拶(クリックで画像を拡大)
前川耕月の阿字観(クリックで画像を拡大)
小野寺源吉傳鶴の巣籠演奏(クリックで画像を拡大

弘前の旅(2016.10.16)弘前市観光館ホールでの演奏会(その4)

地無し管の生演奏、マイクも使用しないで、それぞれの尺八の音味の違いを皆さんに聞いていただきました。
布袋軒産安・竹調べ演奏(クリックで画像を拡大)
神保三谷演奏(クリックで画像を拡大)
越後鈴慕・鉢返し演奏(クリックで画像を拡大)
顧問の津島孤風氏を中心に記念写真(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2016.10.15)岩木山百沢・野風パンにて(その1)

10月15日の昼過ぎ、弘前到着後、岩木山山麓・百沢の野風パン工房を訪問し、午後3時より6時まで、門下・板垣氏に尺八の指導をしました。大自然の中での地無し管の響きは、自然に溶け込んでいくようでした。胸式呼吸になりがちですが、逆複式丹田呼吸法により、太い地無し長管を鳴らす奏法、いかに吹かないで我慢と辛抱で空気砲を鳴らすかの確認でした。
野風パン工房で板垣氏と(クリックで画像拡大)
野風パン工房で藤田氏と(クリックで画像拡大)
野風パン工房での稽古(クリックで画像拡大)
野風パン工房での稽古(クリックで画像拡大)

弘前の旅(2016.10.15)岩木山百沢・野風パンにて(その2)

日没後は、ログハウス内で午後6時まで稽古をして、月夜の中、広大な畑のリンゴを見ながら、弘前の町に戻りました。
野風パン工房での稽古(クリックで画像拡大)
野風パン工房での稽古(クリックで画像拡大)
夕方の岩木山を望む(クリックで画像を拡大)
野風パン工房での稽古(クリックで画像拡大)

弘前の旅(2018.5.31~6.4)(その1)

錦風流伝承会の合同稽古が6月3日、高橋濤月氏宅で開催されました。新規会員も参加して基本奏法の稽古をしました。青森市の会員3名は欠席でした。
合同稽古の様子(クリックで画像を拡大)
合同稽古の様子(クリックで画像を拡大)
合同稽古の様子(クリックで画像を拡大)
合同稽古の様子(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2018.5.31~6.4)(その2)

岩木山麓、板垣氏の野風パン工房を訪問した後、深浦町ある有名な不老不死温泉に藤田竹心氏と宿泊し、尺八の稽古をしました。塩化ナトリウムの温泉に大満足しました。
板垣氏の野風パン工房を訪問(クリックで画像を拡大)
不老不死温泉の玄関前で(クリックで画像を拡大)
不老不死温泉の夕食(クリックで画像を拡大)
不老不死温泉の露天風呂(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2018.5.31~6.4)(その3)

北津軽郡鶴田町にある日本一長い木造の橋。全長300mの鶴の舞橋。
総工事費2億6千万円。弘前最終日の朝、ホテルでの朝食後、禅林街に出掛け、
乳井月影師の墓前で献奏、その後、正光寺に移動して津島孤松師の墓前で献奏をしました。
北津軽郡鶴田町にある鶴のまい橋(クリックで画像を拡大)
北津軽郡鶴田町にある鶴のまい橋(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その1)

江戸時代、弘前藩の港町として栄えた北前船の寄港地の深浦町。ここに真言宗の名刹・円覚寺があります。以前、訪問した時に寺の敷地に真竹が生えているのを確認していました。今回の訪問では、円覚寺住職の奥様から真竹の竹林に
ついて説明をしていただきました。
港町の深浦を望む(クリックで画像を拡大)
鰺ヶ沢方面を望む(クリックで画像を拡大)
円覚寺山門(クリックで画像を拡大)
円覚寺の由来(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その2)

天保2年、弘前藩九代藩主・津軽寧親公の命により、この円覚寺に真竹が佐渡から移植されました。寧親公は、藩士の吉崎八弥好道を虚無僧の本山一月寺に入門させましちゃ。吉崎八弥は三年間の修行の後に、免状をもらい帰国しました。その吉崎八弥好道は、天保四年からは、この深浦に深浦奉行をして赴任しました。尺八を吹くならば、その尺八の材料となる真竹が、この地に植えられたことは、好都合ではなかったでしょうか。寒冷地に育った真竹は肉厚で竹質が堅いので、地無し管には良き材料です。
北前船の資料館・奥に真竹がある(クリックで画像を拡大)
円覚寺の奥さんから説明を受ける(クリックで画像を拡大)
真竹の由来(クリックで画像を拡大)
間伐された真竹(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その3)

円覚寺の真竹は寺の庭園の生垣などに今も利用されています。間伐して手入れしてある竹林は、新しくいい竹が生えて来る。弘前藩に伝承された錦風流尺八を吹くには、同じ弘前藩に育った竹で作った尺八で吹くことが出来れば、味わいが違うであろうか。
真竹の竹林(クリックで画像を拡大)
真竹の竹林(クリックで画像を拡大
ホテル・グランメールの庭園で夕食前の稽古(クリックで画像を拡大)
日本海に向かい3尺管を吹きこむ(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その4)

寺山修司の父親、寺山八郎が昭和11年、警察官として秩父宮殿下の警護をしていた頃の写真。祖母に抱かれているのが寺山修司。紺屋町の消防団も秩父宮殿下の警護をしていた。秩父宮殿下が滞在しました菊池別邸もその後火災により焼失しました。現在は幼稚園として利用されています。敷地裏は岩木川が流れ、岩木山も望む、すばらしい場所でした。
寺山修司の家族(クリックで画像を拡大)
秩父宮殿下が滞在した菊池別邸跡(クリックで画像を拡大)
秩父宮殿下を警護していた紺屋町の消防団(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その5)

弘前公園では、本丸の石垣の本格的改修工事が始まりました。弘前公園では桜も終わり、岩木山山麓ではリンゴの花が満開でした。いつものように、弘前最終日の朝は禅林街に出掛け、盛雲院にある乳井月影師の墓前で献奏、正光寺では津島孤松師の墓前で献奏をしました。また、蘭庭院の十七世、鉄山芳樹和尚の残した石碑は、きれいになり、尺八の姿はよく見えるようになりました。
弘前公園からの岩木山(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
蘭庭院・鉄山芳樹和尚の残した石碑(クリックで画像

弘前の旅(2009.5.1)錦風流尺八県技芸保持者故・松岡俊二郎(竹風)氏宅訪問の記録(その1)

平成21年5月1日、青森県無形文化財、錦風流尺八県技芸保持者・故・松岡俊二郎(竹風)氏宅を訪問しました。前年の平成20年3月に松岡俊二郎氏は亡くなり、同じ県技芸保持者で兄の松岡幸一郎(錦堂)氏は、12月に亡くなりました。地元の錦風流尺八の長老、二人が亡くなり、その伝承も危ぶまれる状況に、何か資料を後世に残せればと、ご遺族にお願いして形見の品を拝見させていただきました。その中に、松岡幸一郎、俊二郎兄弟の父親で、錦風流尺八を明治の末期に、青森市内にいました津島孤松師に師事された松岡金一氏の写真も拝見することが出来ました。松岡金一氏は、弘前のリンゴを海外に出荷する仕事をしていた方だったようです。その中に、尺八を手にされた写真も見ることができました。松岡金一氏の時代には、青森の津島孤松師門下は、100名くらいいたようです。昭和56年に、弘前大学教授、笹森建英氏と折登如月門下の内山嶺月氏の活動により、青森県無形文化財・錦風流尺八県技芸が認定されました。認定された時には、すでに内山嶺月氏は病死され、また、松山定之助氏は高齢で尺八がすでに吹けない状況で、結局は、後藤清蔵氏、松岡幸一郎氏、松岡俊二郎氏の3名が認定されました。認定を受けました、後藤清蔵氏、松岡幸一郎氏、松岡俊二郎氏の3名は門下の方々と、錦風流尺八の先師の墓を調査され、その墓前で献奏しました。その写真をここに紹介します。
左から松岡幸一郎氏、松岡俊二郎氏(クリックで画像を拡大)
松岡俊二郎氏(クリックで画像を拡大)
左から松岡幸一郎氏、松岡俊二郎氏(クリックで画像を拡大)
寿松院・松岡金一氏の墓前で献奏する錦風流一門(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1)錦風流尺八県技芸保持者故・松岡俊二郎(竹風)氏宅訪問の記録(その2)

全員写真・前列、須藤任子、中列左から、(不明)、松岡幸一郎、後藤清蔵、
松岡俊二郎、後列左から、平尾雄三、津島六奥氏
弘前・錦風流一門のみなさん(クリックで画像を拡大)
錦風流先師の墓の調査の手紙(クリックで画像を拡大)
錦風流先師の眠る寺(クリックで画像を拡大)
錦風流先師の調査の手紙(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1)錦風流尺八県技芸保持者故・松岡俊二郎(竹風)氏宅訪問の記録(その3)

弘前市でリンゴの輸出を商売としていました松岡金一氏、明治末期に青森市内で津軽錦風流尺八の名人として知られていました津島孤松師に入門、松岡家には明治45年に津島孤松師が書いた譜本が残されています。松岡金一氏の長男・松岡幸一郎(錦堂)、次男・松岡俊二郎氏は昭和56年に錦風流尺八県技芸保持者に認定されています。弘前市内、岩木川にかかる富士見橋が水害で流され昭和33年3月に新しい富士見橋が完成した時の祝賀で、松岡竹風氏、後藤清蔵氏が、祝賀行列の先頭で尺八を吹いています。
松岡金一氏の吹奏写真(クリックで画像を拡大)
弘前・富士見橋完成祝賀会:松岡氏、後藤氏(クリックで画像を拡大)
松岡金一氏が津島孤松師に入門したときの楽譜(クリックで画像を拡大)
松岡金一氏が津島孤松師に入門したときの楽譜(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2009.5.1)錦風流尺八県技芸保持者故・松岡俊二郎(竹風)氏宅訪問の記録(その4)

松岡家に残る楽譜。津島孤松師の門下、松岡金一氏は、昭和19年に57歳で
亡くなりました。錦風流尺八・津島孤松系の伝統は、その後、長男の松岡幸一郎、次男の松岡俊二郎氏がに引き継がれました。
錦風流尺八の伝統(クリックで画像を拡大)
松岡兄弟の名前がある(クリックで画像を拡大)
流し鈴慕の楽譜(クリックで画像を拡大)