吹禅の技法

吹禅の技法(1)

岡本竹外先生の指導されました地無し管による吹禅の技法

1. 太い長管の吹き方。即ち吹禅の技法は、下唇の内側に舌頭を押し当て
    、なるべく歌口の内側に横長に押し当てて(歌口の幅を一杯に活用)気息
    は柔らかく吹き込む。この下頭の押しを次第に強くするほど、効果は大き     い。 柔らかく吹くことが肝要である。口腔をなるべく広闊にして、柔ら     かく尺八の頭部を構成していると考えるべきである。

2. 口腔及び唇に力を込めないこと。即ち唇を締めない事で柔らかく竹と相談     しながら「カルマン渦列」を対称的に作ることが、その要点である。

3. 唇を余り締めないことが大切で、唇に入れる力を、臍下丹田に入れるこ      によって、唇の力を抜くことが肝要である。

4. 口の形はホの字を発する時の形として柔らかく吹き込む。即ち、ホーを吹     くのだと考える。

5. 吹いて鳴らすと考えないで、歌口の切音が竹管内の気柱に共振するので
   あるから、息を多く使ったら大きい音が出るのではない事に留意すべき
   である。

6. 地付きの調律管の尺八では、余程のことがない限り、この要点を会得でき     ない。楽に音が出てくれるからである。地無しの長管を吹く事は、本当の     吹禅法を自得する早道である。「柔能制剛」が剛管を吹く極意である。

※岡本竹外先生の蒼龍会研修会において、指導を受けた資料より

岡本竹外先生が吹禅の指導に用いられたテキスト

1.剣と禪(大森曹玄著)  大乗禅新書

2.釈尊の呼吸法(大安般守意経に学ぶ)村木弘昌著

3.新陰流入門 渡辺忠成著



 

吹禅の技法(2)

吹禅の技法(蒼龍会) 故・岡本竹外先生の指導

 1.吹起す   自然に静かに吹き次第にカル

 2.吹出す   意図的に少し力を込める楔吹き

 3.吹強める  笹の葉の如く中太に音尾は消す

 4.吹消す   消えるように音尾を静かに消す

 5. 吹抜く    音尾をカリ音にしてシオリながら抜く

 6.吹止め   かるく吹き止める

 7. 吹切る    強く吹き止める

 8. 枝下り    所謂シオリの技法は当たりと同時にいれるもので、このタイ                       ミングが遅いと マヌケと称する音になってしまう。

 9. 当り     指の当りと息の当りあり、息の当りはメッタ音から瞬間にカ                       リ音を出すもので、このシオリを入れる場合もあり、指当
                      りもシオリを入れる場合がある。