地無し尺八製作(その24)
HOME > その他のこと(4) > 地無し尺八製作(その24)

地無し尺八製作(その1)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

今日は久々に吉備高原まで昼食に出かけました。途中で廃墟の前に枯れた真竹の竹藪を発見、さらにその上段にある真竹の竹藪も眺めてきました。道沿いの真竹は切られて並べてありました。肉厚の竹ですが、油抜きをした後に、重量が軽くなるか、重いままかは、見ただけでは判断が出来ません。海童道の弟子、故・福島夢外氏ならば、切り倒した竹で早速に法竹を製作されたかも知れません。桜だけでなく、山に咲き始めたミツバツツジも見て、帰宅した後、先日、製作しました2尺3寸管の律の確認作業をして、それから前日に歌口を入れた2尺4寸管の歌口を仕上げました。さらに、新しく、肉厚の竹材で2尺4寸管の製作を始めましたが、癖のある竹なので、ため直し作業に時間がかかりました。
真竹の枯れた竹藪(クリックで画像を拡大)
真竹の枯れた竹藪(クリックで画像を拡大)
上段の真竹の竹藪(クリックで画像を拡大)
上段の真竹の竹藪(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

先日、製作しました2尺3寸管、門田笛空作の2尺3寸管に比べて全長は1寸(3cm)長いのですが、管尻内部に鼓加工をしているので、どうしても筒音が高くなります。この2管をチューナーを使用して律の確認をしましたが、まったく同じ音程でした。現代管のように歌口を吹く奏法ならば、同じ音程にはならないでしょうが、丹田で押し出す奏法ならば、この2管で合奏しても違和感はないでしょう。
2本の2尺3寸管(クリックで画像を拡大)
長さが違う2本(クリックで画像を拡大)
門田笛空作を吹く(クリックで画像を拡大)
新作の2尺3寸管を吹く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

2尺4寸管の歌口仕上げ(クリックで画像を拡大)
余分な角を切断(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
木賊を準備する(クリックで画像を拡大)
歌口部を木賊で磨く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

地無し尺八製作(その6)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
余分な根を切断(クリックで画像を拡大)
ため直し作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.4.1)2尺4寸管の歌口仕上げ他作業

ため直し作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

ここ数日、2階ベランダに屋根を設置をしながら、庭の赤松の剪定作業を同時に進めました。高い場所なので、吊り足場を用意、安全帯も着用しての大工と植木職人を同時にしました。なんとか屋根も完成、松の木の剪定も完了しましたが、両肩、両腕が筋肉痛で夜中、寝返りも痛くてできない状況ですが、今日は、なんとか2尺4寸管の製作作業をしました。これまで製作しました尺八は400本以上ありますが、2尺4寸管は、わずか数本だけです。あまり使用しない寸法ですが、竹材が7節で手穴の目割もいいので、そのまま製作することにしました。下作りで歌口に水牛の角を入れるところまで出来ました。
2尺4寸管の製作開始(クリックで画像を拡大)
管尻に1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で管尻内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

クリ小刀で歌口内部を削る(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

余分な根をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
余分な根をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
手穴の中心線を墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

ノコで歌口部を切り込む(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

手穴の位置を決める(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
試し吹きをする(クリックで画像を拡大)
歌口用の水牛の角を用意(クリックで画像を拡大)
ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その11)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口の切込みを入れる(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口の切込みを入れる(クリックで画像を拡大)
小刀で歌口の溝を彫る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その12)(2022.3.31)2尺4寸管の製作作業

歌口ヤスリで溝の形を整える(クリックで画像を拡大)
水牛の角を入れた(クリックで画像を拡大)
歌口入れまで完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

今日もベランダの屋根工事を予定していましたが、朝から強い雨降り、予定を変更して2尺3寸管の歌口仕上げの後、2尺3寸管、2尺1寸管の漆塗り作業をしました。
2尺3寸管の歌口仕上げ(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

表面が削れた(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内面を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で角度を調整(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

木賊を用意する(クリックで画像を拡大)
歌口部を木賊で研磨する(クリックで画像を拡大)
歌口が仕上がった(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

2尺3寸管、最後に管尻内部に鼓加工をして、息受けの確認をした後、門田笛空作の2尺6寸管の巨管との息受けの比較をし、さらに谷北無竹師が愛用されていた、3代俣野真龍作の2尺管とも息受けの確認をしました。いくら良く鳴る地無し管を製作しても、年数が過ぎないと人を感動させるような音味は出ません。私の吹き料の3尺管、製作して25年がすぎ、やっと柔らかな音味が出るようになりました。3代俣野真龍作の2尺管の息受けの良さ、柔らかな音味を耳にすると、私の製作した地無し管は、まだまだ、時間が過ぎて、遥か先の時代に竹が枯れて、やっと出るようになるのでしょう。
管尻部に鼓の加工(クリックで画像を拡大)
再度息受けの確認(クリックで画像を拡大)
門田笛空作の2尺6寸管と比較(クリックで画像を拡大)
3代俣野真龍作の2尺管と比較(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

漆塗りの準備(クリックで画像を拡大)
古紙の上に艶朱合漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙で漆の不純物を除く(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
2尺1寸管の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.3.26)2尺3寸管の歌口仕上げと2本の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
2本の尺八、室箱内で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

今日は細身の2尺3寸管の製作作業をしました。歌口入れまで完了しました。これで尺八製作作業は週末までお休みにして、明日からは実家の2階ベランダの屋根設置工事と女子大学生が卒業したのでアパートの部屋内部のメンテナンス作業をする予定です(肉体労働が待っています)
2尺3寸用の竹材を準備(クリックで画像を拡大)
余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
ノコで余分な根を切断(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

ノコで余分な根を切断(クリックで画像を拡大)
ヤスリで根回りを削る(クリックで画像を拡大)
ヤスリで根回りを削る(クリックで画像を拡大)
1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
手穴の中心線を墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

ノコで歌口部分を切り込む(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

息受けの確認(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その11)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
手穴が完成した(クリックで画像を拡大)
試し吹き(クリックで画像を拡大)
歌口用の角を準備する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その12)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口部をノコで切込み(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その13)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

歌口部をノコで切込み(クリックで画像を拡大)
小刀で歌口の溝彫(クリックで画像を拡大)
水牛の角を入れた(クリックで画像を拡大)
水牛の角を入れた(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その14)(2022.3.22)2尺3寸管の製作作業

向こう側は門田笛空作の巨管の2尺6寸管、息受けが良くて、音味もすばらしいですが、東北の曲には不向きです。手前は今日、製作しました細身の2尺3寸管。東北、仙台の布袋軒鈴慕、布袋軒産安の曲は、名人の小梨錦水師が、細身の尺八でふうわりと吹くようにと口伝が伝わっていますが、その様な曲には、今回、製作しています細身の尺八で、静かに息を押し込んで竹調べから、だんだんと中音、さらに高音に移動して出汁の効いた音を聞かせることが、虚無僧本曲の大切なことです。現代管の尺八で、いかに踏ん張っても、出汁がないので、むなしい大きな音が響くだけです。まさに自己満足の世界です。
2本の尺八(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

今日は曇り空、時々小雨模様の寒い日でした。2尺管の漆塗りの後、2尺1寸管の歌口仕上げ作業をしました。
2尺管の漆塗り(クリックで画像を拡大)
古紙の上に艶朱合漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙で漆の不純物を除く(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
2尺管を室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

2尺1寸管の歌口仕上げ作業(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
大体の形が出来た(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
木賊を用意する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.20)2尺管漆塗り・2尺1寸管歌口仕上げ作業

歌口部分を木賊で磨く(クリックで画像を拡大)
歌口が」仕上がる(クリックで画像を拡大)
試し吹き(クリックで画像を拡大)
残りは漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

今日は、朝から小雨模様、夕方には雷鳴が響き、突然に大雨になりました。作業場の気温は16℃でした。昨日に続き、2尺1寸管の手穴開け作業の後、歌口を入れました。
2尺1寸管の作業開始(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴開けが完了(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

試し吹き(クリックで画像を拡大)
歌口用の水牛の角を用意(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部の切り込み(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部の切り込み(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

小刀を荒砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
小刀を中砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
小刀を正本山で仕上げる(クリックで画像を拡大)
小刀で歌口の溝彫(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.3.19)2尺1寸管の手穴開け・歌口入れ作業

歌口ヤスリで溝を仕上げる(クリックで画像を拡大)
歌口が入った(クリックで画像を拡大)
2尺1寸管の歌口が入った(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

今日は、朝から雨降りで気温が13℃と寒い1日でした。新しく、重い竹材で2尺1寸管の下作りをしました。竹材の素性が悪かったのでため直しを2か所してから製作に入りました。
竹材のため直し(クリックで画像を拡大)
竹材のため直し(クリックで画像を拡大)
2尺1寸管の製作開始(クリックで画像を拡大)
ノコで余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

ノコで余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
ノコで余分な根を切断(クリックで画像を拡大)
ヤスリで根回りをきれいにする(クリックで画像を拡大)
ヤスリで根回りをきれいにする(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

管尻に1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
手穴の中心を墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口部の墨だし(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部の切り込みを入れる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

手穴の位置を墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.3.18)2尺1寸管の下作り作業

キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の下孔をまで開けた(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

今日は、2尺管の歌口仕上げの後、3尺管の内部に漆塗り作業をしました。
2尺管の歌口仕上げ作業(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
角を切断した(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
木賊を用意する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

木賊で歌口を研磨する(クリックで画像を拡大)
試し吹き(クリックで画像を拡大)
2尺管の歌口が完成(クリックで画像を拡大)
3尺管の漆塗り準備(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

古紙の上に艶朱合漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙で漆の不純物を除く(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.17)2尺管の歌口入仕上げ・3尺管の漆塗り作業

漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
3尺管を室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

今日は、外の気温が21℃、昼すぎの作業場の気温が33℃になりました。日中の作業は困難な季節になりました。昨日、3尺管に歌口を入れましたが、今日は歌口を仕上げた後、2尺管の歌口入れ作業をしました。
3尺管の作業開始(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内面を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で歌口角度を調整(クリックで画像を拡大)
木賊を用意する(クリックで画像を拡大)
歌口部を木賊で磨く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

試し吹き(クリックで画像を拡大)
歌口が完成(クリックで画像を拡大)
3尺管の歌口が完成(クリックで画像を拡大)
2尺管の作業に入る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
水牛の角を用意する(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だしをする(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

歌口部にノコで切込みを入れる(クリックで画像を拡大)
歌口部にノコで切込みを入れる(クリックで画像を拡大)
小刀で歌口部に溝彫(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリできれいにする(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.3.16)3尺管の歌口仕上げ・2尺管の歌口入れ作業

水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)
2尺管に水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)