弘前の旅(2017.5.18-5.22)
HOME > 弘前の旅 > 弘前の旅(2017.5.18-5.22)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その1)

江戸時代、弘前藩の港町として栄えた北前船の寄港地の深浦町。ここに真言宗の名刹・円覚寺があります。以前、訪問した時に寺の敷地に真竹が生えているのを確認していました。今回の訪問では、円覚寺住職の奥様から真竹の竹林に
ついて説明をしていただきました。
港町の深浦を望む(クリックで画像を拡大)
鰺ヶ沢方面を望む(クリックで画像を拡大)
円覚寺山門(クリックで画像を拡大)
円覚寺の由来(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その2)

天保2年、弘前藩九代藩主・津軽寧親公の命により、この円覚寺に真竹が佐渡から移植されました。寧親公は、藩士の吉崎八弥好道を虚無僧の本山一月寺に入門させましちゃ。吉崎八弥は三年間の修行の後に、免状をもらい帰国しました。その吉崎八弥好道は、天保四年からは、この深浦に深浦奉行をして赴任しました。尺八を吹くならば、その尺八の材料となる真竹が、この地に植えられたことは、好都合ではなかったでしょうか。寒冷地に育った真竹は肉厚で竹質が堅いので、地無し管には良き材料です。
北前船の資料館・奥に真竹がある(クリックで画像を拡大)
円覚寺の奥さんから説明を受ける(クリックで画像を拡大)
真竹の由来(クリックで画像を拡大)
間伐された真竹(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その3)

円覚寺の真竹は寺の庭園の生垣などに今も利用されています。間伐して手入れしてある竹林は、新しくいい竹が生えて来る。弘前藩に伝承された錦風流尺八を吹くには、同じ弘前藩に育った竹で作った尺八で吹くことが出来れば、味わいが違うであろうか。
真竹の竹林(クリックで画像を拡大)
真竹の竹林(クリックで画像を拡大)
ホテル・グランメールの庭園で夕食前の稽古(クリックで画像を拡大)
日本海に向かい3尺管を吹きこむ(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その4)

寺山修司の父親、寺山八郎が昭和11年、警察官として秩父宮殿下の警護をしていた頃の写真。祖母に抱かれているのが寺山修司。紺屋町の消防団も秩父宮殿下の警護をしていた。秩父宮殿下が滞在しました菊池別邸もその後火災により焼失しました。現在は幼稚園として利用されています。敷地裏は岩木川が流れ、岩木山も望む、すばらしい場所でした。
寺山修司の家族(クリックで画像を拡大)
秩父宮殿下を警護していた紺屋町の消防団(クリックで画像を拡大)
秩父宮殿下が滞在した菊池別邸跡(クリックで画像を拡大)
秩父宮殿下が滞在した菊池別邸跡(クリックで画像を拡大)

弘前の旅(2017.5.18~5.22)(その5)

弘前公園では、本丸の石垣の本格的改修工事が始まりました。弘前公園では桜も終わり、岩木山山麓ではリンゴの花が満開でした。いつものように、弘前最終日の朝は禅林街に出掛け、盛雲院にある乳井月影師の墓前で献奏、正光寺では津島孤松師の墓前で献奏をしました。また、蘭庭院の十七世、鉄山芳樹和尚の残した石碑は、きれいになり、尺八の姿はよく見えるようになりました。
弘前公園からの岩木山(クリックで画像を拡大)
乳井月影師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
津島孤松師の墓前で献奏(クリックで画像を拡大)
蘭庭院・鉄山芳樹和尚の残した石碑(クリックで画像を拡大)