地無し尺八製作(その30)
HOME > その他のこと(2) > 地無し尺八製作(その30)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

今日は、自宅療養の最終日になりました。体力も回復、気温が35℃の作業場、スポットエアコンを運転しながら、新しく2尺3寸の製作を始めました。竹材は肉厚で600グラムの良材、断面も玉子型の理想的な形でした。また、手穴開け作業の後、ヤフオクの竹材の1尺7寸管、お土産用の尺八ですが、手穴開け作業をしました。
2尺3寸管の竹材を用意(クリックで画像を拡大)
余分な部分をノコで切断(クリックで画像を拡大)
根回りをヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
根回りをヤスリで削る(クリックで画像を拡大

地無し尺八製作(その2)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

管尻に1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で穴を広げる(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で穴を広げる(クリックで画像を拡大)
内丸ヤスリで内部の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

基準管の2尺3寸管を用意(クリックで画像を拡大)
キャリパで基準管の内径を測定(クリックで画像を拡大)
製作中の2尺3寸管の内径測定(クリックで画像を拡大)
手穴の中心を墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

歌口部分の墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口部分にノコで切込み(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

手穴を開ける前に、この2尺3寸管の息受けと音味の確認をしました。やはり良き竹材なので、貴賓のある音味が響きました。この地無しの世界は、竹材の材質に左右されます。良き古管尺八はどれも、さすがと思うような竹で作られています。
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
息受けと音味の確認(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
1尺7寸管の手穴開け(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その11)(2022.7.30)2尺3管の下作りその他作業

2本の手穴開けが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.29)2尺2寸管の藤巻表面漆塗り作業

今日は気温が上昇する前の早朝に、昨日、籐巻しました2尺2寸管の藤巻表面に朱合漆を塗る作業をしました。午後からは作業場の気温は39℃になりました。スポットエアコンを運転しても耐えられない暑さで作業は中止しました。明日で、自宅療養の10日間が終わります。
2尺2寸管の藤巻表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
古紙の上に上朱合漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙で漆の中のゴミを除去(クリックで画像を拡大)
藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.29)2尺2寸管の藤巻表面漆塗り作業

藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)
藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)
藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)
藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.29)2尺2寸管の藤巻表面漆塗り作業

藤巻に漆塗り(クリックで画像を拡大)
漆塗りが完了(クリックで画像を拡大)
室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.28)2尺2寸管の藤巻作業

昨日、3厘籐の面取り作業をしましたが、今日は2尺2寸管に藤巻作業をしました。体力回復途中、午後から昼寝をしてしまいました。夕方、作業場の気温は38℃でしたが、スポットエアコンと扇風機を併用して、なんとか午後6時前に作業が完了しました。自宅療養期間も後、2日になりました。
2尺2寸管の藤巻作業(クリックで画像を拡大)
基準管に合わせて藤巻(クリックで画像を拡大)
3厘籐の藤巻(クリックで画像を拡大)
藤巻作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.28)2尺2寸管の藤巻作業

藤巻作業(クリックで画像を拡大)
1段目が完成(クリックで画像を拡大)
1段目が完成(クリックで画像を拡大)
藤巻作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.28)2尺2寸管の藤巻作業

2段目が完成(クリックで画像を拡大)
藤巻作業(クリックで画像を拡大)
3段目が完成(クリックで画像を拡大)
藤巻作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.28)2尺2寸管の藤巻作業

藤巻作業(クリックで画像を拡大)
5段目が完成(クリックで画像を拡大)
管尻部分の藤巻(クリックで画像を拡大)
管尻部分が完成(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.28)2尺2寸管の藤巻作業

2尺2寸管の藤巻が完成(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の藤巻が完成(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.27)2尺2寸管の藤巻準備作業

まだ体の調子が完全には戻らず、夜中に咳が出て目が覚めたりして、昼間は眠くなります。今日も午後から昼寝になりました。午後4時に目が覚めたので、錦風流用の2尺2寸の剛管、音味や音の切れも良いので、籐巻仕上げにすることにしました。3厘籐を10本、面取り作業をしました。気が付いたら午後6時前でした。明日は、籐巻作業を予定しています。自宅療養も30日までです。
2尺2寸管の藤巻作業準備(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を研ぐ(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を研ぐ(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.27)2尺2寸管の藤巻準備作業

3厘籐の面取りは、片側3回削っています。切先があまり切れすぎると、2厘籐になってしまいます。
クリ小刀の切先を正本山で仕上げる(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.27)2尺2寸管の藤巻準備作業

3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大

地無し尺八製作(その4)(2022.7.27)2尺2寸管の藤巻準備作業

3厘籐10本の面取りが完了(クリックで画像を拡大)
すでに6時前になっていた(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

今日は、昨日、歌口を入れた2尺2寸管の歌口仕上げをしました。その後、お土産用の1尺7寸管の手穴の下孔を開けました。
2尺2寸管の歌口仕上げ(クリックで画像を拡大)
余分ば角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口内部を内丸ヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で歌口調整(クリックで画像を拡大)
木賊を用意する(クリックで画像を拡大)
歌口部分を木賊で研磨(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

椿油を歌口部分に塗る(クリックで画像を拡大)
試し吹きをする(クリックで画像を拡大)
管尻内部に丸ノミで鼓を作る(クリックで画像を拡大)
真ん中は折登如月作の2尺(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

折登如月作の2尺管の息受け確認(クリックで画像を拡大)
1尺7寸管の下作り(クリックで画像を拡大)
手穴の中心位置確認(クリックで画像を拡大)
手穴の位置の墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

軽くて肉が薄い竹材で1尺7寸管を製作しています。今の状態でも、大きな音を出すことが出来ます。現代管を吹く人ならば、良く鳴りますねと答えますが、私の世界では、大きな音が出て喜ぶのではなく、古管の俣野真龍作の尺八のように、貴賓のある柔らかな音が空中を漂うのを楽しむ世界です。破れ障子のような音を聞いて喜ぶことはありません。
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

今日は夕方、作業場の気温が34℃まで下がったので、2尺2寸管の歌口入れ作業をしました。その後、ヤフオクで入手した竹材で1尺7寸管の下作りをしました。
2尺2寸管の歌口入れ作業(クリックで画像を拡大)
歌口用の水牛の角を準備(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

ヤスリで水牛の角を削る(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部分の切り込み(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部分の切り込み(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

小刀で歌口部の溝彫(クリックで画像を拡大)
水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)
水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

ヤフオクで落札した10本の竹材が届きました。都山流尺八になる竹材、姿の良きものばかりでしたが、私の地無しの世界では、こんな細い竹を掘ることもなく、また、地無し管では肉厚で重いものが絶対条件ですが、これらの竹材は、中継ぎにされ、内部に充填されるので、肉が薄くて軽くても、製品になれば、見違えるようになります。まず、1尺7寸用の竹材を1本、下作りを始めました。何も期待は出来ませんが、京都に出かけると竹工芸の店に、中に赤くラッカーの塗られた、お土産用の尺八を見かけます。製作を始めた1尺7寸管も、お土産用になるかも知れません。
10本の竹材(クリックで画像を拡大)
私の地無し1尺7寸管と比較(クリックで画像を拡大)
余分な部分をノコで切断(クリックで画像を拡大)
私の竹材との肉厚の違い(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

修正箇所をカセットコンロで加熱(クリックで画像を拡大)
ため直し機で修正する(クリックで画像を拡大)
管尻に1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で内部の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部分を切り込む(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.7.25)2尺2寸管の歌口入れ・その他作業

息受けの確認(クリックで画像を拡大)
次回は手穴開け作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

昨日までは体温が38℃くらいまで上昇していましたが、今朝から36.2℃の平熱に下がりました。やっと通常の体に回復したような気分になりました。30日まで自宅療養ですが、今日は作業が中断していました2尺2寸管の下作り作業をしました。
2尺2寸管の下作り作業(クリックで画像を拡大)
基準管の内径測定(クリックで画像を拡大)
製作中の内径測定(クリックで画像を拡大)
手穴の位置を墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

基準管の2尺2寸管に比べて、製作中の2尺2寸管は内径が太いので、その分を手穴位置を補正をしました。
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.24)2尺2寸管の下作り作業

試し吹きをする(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

今朝は、体温が37,5度まで上昇しました。9時に保健所に連絡、かかりつけの病院の屋外発熱受付でPCR検査を受けました。今月18日に、竹友が大阪から大変なお土産を持参しました。オミクロンカブの流行しているもの、私の田舎町は、コロナの感染者も数人と平和ですが、大阪から届いたものに感染をしました。解熱剤だけ出してもらい帰宅しました。保健所から今月30日まで自宅療養の指示が出ました。相変わらず体温は38℃くらいありましたが、新しい2尺2寸管の製作作業に入りました。寸法切から、ため直し、節抜き作業までが完了しました。果たして明日も作業ができるでしょうか。
新しい2尺2寸用の竹材(クリックで画像を拡大
余分な部分をノコで切断(クリックで画像を拡大)
カセットコンロでタメ無し箇所を加熱(クリックで画像を拡大)
ため直し機で素性を修正(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

ため直し機で素性を修正(クリックで画像を拡大)
根回りをヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
管尻に1円玉で墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

手穴の中心線の墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部分に切り込み(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.21)2尺2寸管の下作り作業

ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
節抜き作業までが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.20)2尺2寸管の歌口仕上げ作業

今日は、昨日と変わり晴天で作業場の気温が38℃になりました。スポットエアコンと扇風機を運転しながら、なんとか2尺2寸管の歌口仕上げをしました。錦風流の稽古には使用できるものが出来ました。
2尺2寸管の歌口仕上げ作業(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口内部をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.20)2尺2寸管の歌口仕上げ作業

歌口ヤスリで歌口を仕上げる(クリックで画像を拡大)
木賊を用意する(クリックで画像を拡大)
歌口部分を木賊で磨く(クリックで画像を拡大)
歌口が仕上がった(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.20)2尺2寸管の歌口仕上げ作業

息受けの確認(クリックで画像を拡大)
管尻内部に鼓を作る(クリックで画像を拡大)
割れ防止に椿油を塗る(クリックで画像を拡大)
稽古用に2尺2寸管の下作りが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.20)2尺2寸管の歌口仕上げ作業

稽古用の2尺2寸管の下作りが完了、後は内部に漆を塗れば完成です。次は、肉厚で重量のある竹材で、錦風流の2尺2寸の剛管を製作する予定で、竹材を用意しましたが、気温が下がらないと、とても作業ができるような気温ではありません。
2尺2寸用の竹材を用意(クリックで画像を拡大

地無し尺八製作(その1)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

今日は雨降りで気温が26℃でした。27℃以上になると漆塗りは出来ませんが、今日は好条件なので、1尺7寸管、2尺3寸管、2尺9寸管の3本の尺八内部に漆塗りをしました。
漆塗りの準備をする(クリックで画像を拡大)
古紙の上に漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙で漆のゴミを取り除く(クリックで画像を拡大)
1尺7寸管の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

2尺9寸管の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
内部の漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.7.19)3本の尺八の漆塗り作業

3本を室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

今日は、大阪から飛田氏が来ました。午後3時に駅に送った後、昨日の2尺2寸管の続きの作業をしました。
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
サンドペーパーで手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
試し吹きをする(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

試し吹きをして、息受けと音のバランスを確認し合格したので、歌口入れ作業をしました。
歌口用の水牛の角を用意(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部の切り込みを入れる(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部の切り込みを入れる(クリックで画像を拡大)
小刀で歌口の溝彫(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.18)2尺2寸管の製作作業

水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)
水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

今日は、昨日ため直しをしました2尺2寸管の製作作業をしました。手穴の下孔をキリで開けたところで作業は終了しました。
2尺2寸管の製作(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける」(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける」(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で内部を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
手穴の中心を墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部分を切り込む(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部分を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
基準となる2尺2寸管を用意(クリックで画像を拡大)
基準管の内径を測定(クリックで画像を拡大)
製作中の2尺2寸管の内径を測定(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.17)2尺2寸管の製作作業

手穴補正をして位置を墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで手穴の下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

今日は、昨日の続きで1尺7寸管の製作作業をしました。その後、錦風流用の2尺2寸のため直しまでしました。
1尺7寸管の作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
節抜き作業(クリックで画像を拡大)
クリ小刀を用意(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

クリ小刀で穴を広げる(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で穴を広げる(クリックで画像を拡大)
ガリ棒を用意する(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

ガリ棒で中の節を削る(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで歌口部に切り込み(クリックで画像を拡大)
ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

ヤスリで歌口部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
キャリパで基準管の内径を測定(クリックで画像を拡大)
製作中の1尺7寸管の内径を測定(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

手穴の位置を墨だし(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)
ボール盤で手穴を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

今回製作しました1尺7寸管の内径、基準管の内径は22mmですが、この1尺7寸管は、内径が28mmありました。外見と違い、意外と肉が薄くて、締まりがない尺八になりました。歌口を入れる前に、不合格となり処分しました。続けて、錦風流用の2尺2寸管の製作に名入りました。こちらは期待できそうな肉厚で重い竹材です。
手穴内部をサンドペーパーで削る(クリックで画像を拡大)
試し吹きをする(クリックで画像を拡大)
手前が製作中の1尺7寸管(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の竹材を用意する(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

余分な部分をノコで切断(クリックで画像を拡大)
根回りをヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
吹き料の2尺2寸管と比較(クリックで画像を拡大)
ため直し箇所をカセットコンロで加熱(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その11)(2022.7.16)1尺7寸管の製作その他作業

ため直し機で修正(クリックで画像を拡大)