地無し尺八の製作(その11)
HOME > その他のこと(2) > 地無し尺八の製作(その11)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

昨日はコロナワクチン接種の2回目に出かけたために、作業は出来ませんでした。今日は、3本の尺八の歌口に入れた水牛の角の仕上げ作業をしました。
水牛の角を入れた3本(クリックで画像を拡大)
1尺6寸管から作業開始(クリックで画像を拡大)
余分な角を切断してヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口の内部側も半丸ヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
木賊で角を研磨する(クリックで画像を拡大)
息受けの確認をする(クリックで画像を拡大)
2尺管の作業に入る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口の内側を半丸ヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
角を木賊で磨く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
角を木賊で研磨する(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の作業に入る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

水牛の角(クリックで画像を拡大)
余分な角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
歌口内部を半丸ヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.27)3本の尺八の歌口仕上げ作業

歌口ヤスリで形状を整える(クリックで画像を拡大)
木賊で角を磨く(クリックで画像を拡大)
息受けの確認をする(クリックで画像を拡大)
3本の歌口が完成(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

今日は昨日下作りした3本の尺八に歌口に水牛の角を入れる作業をしました。
3本の下作りした尺八(クリックで画像を拡大)
歌口用に水牛の角を用意(クリックで画像を拡大)
角をノコで切断(クリックで画像を拡大)
角をノコで切断(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の位置をノコで切り込み(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

小刀の切先を荒砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
小刀の切先を中砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
小刀の切先を正本山で仕上げる(クリックで画像を拡大)
歌口部分の切り込み(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

水牛の角が入った(クリックで画像を拡大)
2尺管を用意(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口の位置を決める(クリックで画像を拡大)
ノコで切り込みを入れる(クリックで画像を拡大)
小刀で削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

歌口の位置の墨だし(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
水牛の角をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
角の位置を決める(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.25)3本の尺八の歌口入れ作業

ノコで切り込みを入れる(クリックで画像を拡大)
小刀で削る(クリックで画像を拡大)
3本の角入れが完了した(クリックで画像を拡大)
3本の角入れが完了した(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

今日は、昨日、籐巻の縁どりの漆塗りをしました2尺3寸管、2尺2寸管の養生テープを取り除き、椿油を塗り完成しました。その後、3本の尺八の製作作業をしました。それぞれ、節抜き作業、手穴内部を削り、ペーパーで仕上げました。2尺3寸管は製作中は7節でしたが、試し吹きで一節切断して6節になりました。2尺管は肉厚で重い竹質なので、試し吹きしたら、なかなかの音味がでました。期待できそうです。1尺6寸管は材質が柔らかで軽いので、大きな音がでますが、音味は期待が出来ません。
完成した2尺3寸、2尺2管(クリックで画像を拡大)
3本の尺八製作(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で管尻を広げる(クリックで画像を拡大)
歌口側も内部を広げる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で節を削る(クリックで画像を拡大)
ガリ棒で節を削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

2尺3寸管の下作り完了(クリックで画像を拡大)
次は2尺管の製作(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で歌口内部を削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形を整える(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

ガリ棒で節を削る(クリックで画像を拡大)
歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を研ぐ(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を研ぐ(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

クリ小刀の切先を正本山で仕上げる(クリックで画像を拡大)
手穴内部をクリ小刀で削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

2尺管の息受けの確認(クリックで画像を拡大)
2尺管の下作りが完了(クリックで画像を拡大)
1尺6寸管の製作(クリックで画像を拡大)
ヤスリで根回りを整える(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

歌口部分をヤスリで削る(クリックで画像を拡大)
歌口ヤスリで形を整える(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

クリ小刀で手穴内部を削る(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)
手穴内部をペーパーで磨く(クリックで画像を拡大)
息受けの確認(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その11)(2021.7.24)3本の尺八の製作作業

3本の下作りが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.23)2本の尺八の籐巻縁取り漆塗り作業

今日も猛暑、4月に亡くなりました義父の月命日、午後から家族で墓参りをしました。帰宅した後、午後6時頃から涼しい風が吹くようになり、庭の作業場で2尺2寸管、、2尺3寸管の籐巻の縁どりの漆塗り作業をしました。錦風流の2尺2寸管、重量は585グラムで、これまで製作しました500本くらいの尺八の中で、息受けの良さは1番ではないでしょうか。2尺3寸管は見かけは少し細身ですが、材質が硬くて、製作して5年がすぎても650グラムあります。重い竹なので音味もしまりのある響きです。
籐の縁どりをする2本の尺八(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管に養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管に養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の養生テープ巻が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.23)2本の尺八の籐巻縁取り漆塗り作業

2尺2寸管に養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管に養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
2本の養生テープ巻が完了(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.23)2本の尺八の籐巻縁取り漆塗り作業

籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.23)2本の尺八の籐巻縁取り漆塗り作業

籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりに漆塗り(クリックで画像を拡大)
2本の漆塗りが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

今日は、昨日ため直しをした2尺3寸、2尺、1尺6寸管の節抜きの後、手穴を開ける作業をしました。猛暑なのでこれだけの作業で汗が流れ落ちました。
3本の竹材(クリックで画像を拡大)
1円玉で管尻の墨だし(クリックで画像を拡大)
1円玉で管尻の墨だし(クリックで画像を拡大)
1円玉で管尻の墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
キリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)
上部からの節抜き作業(クリックで画像を拡大)
管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)
管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

上部からの節抜き作業(クリックで画像を拡大)
上部からの節抜き作業(クリックで画像を拡大)
管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)
管尻から節抜き作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

上部からの節抜き作業(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)
歌口の墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

歌口部分を切り落とし(クリックで画像を拡大)
歌口部分を切り落とし(クリックで画像を拡大)
歌口部分を切り落とし(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2021.7.20)3本の尺八製作作業

手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
手穴開け作業(クリックで画像を拡大)
3本の手穴開けが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

今日は朝から猛暑になりました。作業場も扇風機でなんとか作業ができました。川崎の自宅の滞在も残り10日ばかりになりました。今日の作業は、籐巻に漆塗りをした2尺3寸管の籐巻表面の漆を落とし、籐巻の縁どりの漆塗りをしました。その後、新しい竹材、2尺3寸管、2尺管、1尺6寸管の製作を始めました。2尺3寸管、2尺管の竹材は非常に重くて音味に期待が持てます。果たして、完成してからの息受けはどうでしょうか。
3本の竹材と籐巻に漆塗りした2尺3寸管(クリックで画像を拡大)
籐巻に漆塗りした2尺3寸管(クリックで画像を拡大)
籐巻表面の漆を落とす(クリックで画像を拡大)
籐巻表面の漆を落とす(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

籐巻表面の漆を落とす(クリックで画像を拡大)
籐巻表面の漆を落とす(クリックで画像を拡大)
籐巻表面の漆を落としが完了(クリックで画像を拡大)
養生テープを取り除く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

籐巻の縁どりのため養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりのため養生テープを巻く(クリックで画像を拡大)
養生テープ巻が完了(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐巻の縁どりの漆塗りが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

2尺管の竹材のため直し(クリックで画像を拡大)
2尺管の竹材のため直し(クリックで画像を拡大)
2尺管の手穴の位置の墨だし(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
1尺6寸管の墨だし(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

2尺3寸管の余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の余分な部分を切断(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管のため直し(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管のため直し(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

2尺3寸管の手穴の墨だし(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の手穴の墨だし(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の手穴の墨だし(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2021.7.19)籐巻の漆落としと新しい尺八の製作作業

手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
手穴の位置にキリで下孔を開ける(クリックで画像を拡大)
3本の手穴の下孔が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.17)籐巻に漆塗り作業

今日は、昨日藤巻をしました2尺3寸管の籐巻の表面に艶朱合漆を塗りました。今日も高温で湿度が高いので漆の乾燥に好条件でした。
籐巻の完了した2尺3寸管(クリックで画像を拡大)
艶朱合漆のゴミを古紙で除去(クリックで画像を拡大)
艶朱合漆のゴミを古紙で除去(クリックで画像を拡大)
艶朱合漆のゴミを古紙で除去(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.17)籐巻に漆塗り作業

籐の表面に漆を塗る(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆を塗る(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆を塗る(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆を塗る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.17)籐巻に漆塗り作業

籐の表面に漆を塗る(クリックで画像を拡大)
漆塗が完了(クリックで画像を拡大)
室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

今日は40年前に製作しました2尺5寸管と錦風流本曲CDの吹き込みに使用しました2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗りと、その後、高梁市の実家で製作して持ち帰りました2尺3寸管の籐巻作業をしました。
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

この2尺5寸管は岡本竹外先生に入門してまもなく製作した地無し管で、40年の時が過ぎましたが、その後、2尺5寸管も姿形や材質が100点のものを多数製作しましたが、この節マタギの直管の息受けや音味に勝ものはありません。
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管の籐巻の縁どりの漆塗り完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

この2尺2寸管は、錦風流尺八本曲のCD製作のために製作した断面が平竹のものです。音は出やすく、吹きやすいのですが、音味に貴賓がまったくありません。これが平竹の特徴、やはり断面が丸い竹の根味にはかないません。
2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どりの漆塗り完了(クリックで画像を拡大)
今日は2本の塗りが完了(クリックで画像を拡大)
養生テープを取り除く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

籐巻の縁どりの漆塗りが完了した後、郷里・高梁市の実家で製作して川崎の自宅に持ち帰りました2尺3寸管、先日のみなさんとの稽古で使用しましたが、甲音のウ、ハ、イのバランスが良いので、これからの稽古に使用しようと思い、籐巻仕上げをすることにしました。かなり太い竹で肉厚もありますが、このサイズならば、重量は700グラム以上ならば良ですが、残念ながら580グラム、当然、700グラムには音味で負けてしまいます。この世界、やはり重くなければダメです。
昨日から4本の籐巻の縁どりが完了(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の息受けの確認(クリックで画像を拡大)
籐巻する2尺3寸管(クリックで画像を拡大)
籐の面取りの準備(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

クリ小刀の切先を荒砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を中砥で研ぐ(クリックで画像を拡大)
クリ小刀の切先を正本山で仕上げる(クリックで画像を拡大)
面取りの道具を準備(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

3厘籐をクリ小刀で片側3回づつ面取りをすれば、2厘籐ぐらいになります。籐の材質が良くないと、節のところで折れてしまいます。自然のものなので、すべての堅さが異なります。クリ小刀の刃先を柄を持つ左手で感じながら右手で籐を引っ張ります。両手のリズムを合わせるのが難しいことです。
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)
3厘籐の面取り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

10本の面取りをした削りくず(クリックで画像を拡大)
面取りをした籐(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)
1段目の籐巻が完了(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)
2段目の籐巻が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2021.7.16)籐巻の縁どりの漆塗り・籐巻作業

2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)
残るはゴロ節の先だけ(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の籐巻作業(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の総藤巻が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

昨夜の大雨の音で睡眠不足ですが、午後から先日、籐の表面に漆塗りをした2尺8寸管の籐巻表面の漆落としをして、その後、4本の籐巻尺八の籐巻の縁どりの漆塗作業を始めましたが、途中で植木の移植作業もあり、2本の尺八だけ縁取りの漆塗り作業が出来ました。
籐に漆塗りした2尺8寸管(クリックで画像を拡大)
籐の表面の漆をワイヤブラシで削る(クリックで画像を拡大)
籐の表面の漆をワイヤブラシで削る(クリックで画像を拡大)
籐の表面の漆をワイヤブラシで削る(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

下半分の漆が落ちた(クリックで画像を拡大)
上部も漆を落とす(クリックで画像を拡大)
上部も漆を落とす(クリックで画像を拡大)
漆落としが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの養生テープ(クリックで画像を拡大)
4本の養生テープ牧が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.15)藤巻表面の漆落とし・籐巻の縁どりの漆塗り作業

縁どりの漆塗り作業(クリックで画像を拡大)
2尺5寸管も完了(クリックで画像を拡大)
2本の縁どり塗が完了(クリックで画像を拡大)
養生テープを取り除く(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その1)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

今日は、すでに籐巻をした2尺8寸管の、籐巻表面に艶朱合漆塗り作業の後、4本の籐巻した尺八のうち、3本の尺八の、籐巻の縁どりに弁柄漆を塗りました。
籐巻した2尺8寸管(クリックで画像を拡大)
古紙の上に艶朱合漆を出す(クリックで画像を拡大)
古紙でゴミを除去(クリックで画像を拡大)
古紙でゴミを除去(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その2)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

古紙でゴミを除去(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その3)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の表面に漆塗り(クリックで画像を拡大)
漆塗が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その4)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)
室箱で乾燥させる(クリックで画像を拡大)
4本の尺八の籐巻の縁どり(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その5)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その6)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
籐の縁どりの漆塗り(クリックで画像を拡大)
縁どりが完了(クリックで画像を拡大)
縁どりが完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その7)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その8)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺3寸管の籐巻の縁どり塗が完了(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その9)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)

地無し尺八製作(その10)(2021.7.11)藤巻表面の漆塗り・籐巻の縁どりの漆塗り作業

2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り(クリックで画像を拡大)
2尺2寸管の籐巻の縁どり塗り完了(クリックで画像を拡大)