川崎市の自宅から岡山県高梁市への旅
HOME > その他のこと(2) > 川崎市の自宅から岡山県高梁市への旅

川崎市の自宅から岡山県高梁市への旅(その1)(2021.4.21)

川崎市の自宅でわずか18日間を過ごして、また、母が入院しています郷里の岡山県高梁市の実家に向かうことにしました。4月20日、午前10時に自宅を尺八の竹材28本や工具、衣類などを載せて出発、途中で長女の夫佐子を乗せ、滋賀県甲賀市の山中にあります大河原温泉に向かいました。ここまでで片道400キロ、71歳の年齢では、今までのように、夜中9時間の運転は危険なのでやめて、途中で一休みすることにしました。今朝は、朝食の後、御在所岳を見た後、国道1号線で名神の栗東ICに向かい、ここから名神、新名神、中国道、岡山道経由で午後3時過ぎに岡山県高梁市の実家に到着しました。まだ4月だというのに、高梁市の気温は29℃、2階ベランダの作業場は40℃近い気温で、とても尺八製作は出来ません。これから、アルミサッシュ窓を取り付けたり、網戸を付けての対応、6月頃にはスポットエアコンも必要になります。
自宅で竹材28本の積み込み(クリックで画像を拡大)
甲賀市の観光案内板(クリックで画像を拡大)
若宮神社参道の桜(クリックで画像を拡大)
甲賀市の観光案内板(クリックで画像を拡大)

川崎市の自宅から岡山県高梁市への旅(その2)(2021.4.21)

今晩の宿・大河原温泉(クリックで画像を拡大)
今晩の宿・大河原温泉(クリックで画像を拡大)
今晩の宿・大河原温泉(クリックで画像を拡大)
ホテルの向い側はキャンプ場(クリックで画像を拡大)

川崎市の自宅から岡山県高梁市への旅(その3)(2021.4.21)

早朝の屋外で、空気砲の3尺管の音は風にのり遠くまで伝わります。
早朝、屋外で3尺管を吹く(クリックで画像を拡大)
早朝、屋外で3尺管を吹く(クリックで画像を拡大)
早朝、屋外で3尺管を吹く(クリックで画像を拡大)
ホテル前の清流(クリックで画像を拡大)