寺田泰山先生を偲んで
HOME > 思い出のアルバム > 寺田泰山先生を偲んで

寺田泰山先生を偲んで(2016.7.25)

和歌山県由良興国寺のある地元で医師として活躍され、また明暗尺八の大家として地元の法燈会で長年活躍されました寺田泰山先生が今年6月10日に92歳で亡くなりました。虚無僧研究会での献奏旅行にも、長年、地元の法燈会の皆さんと遠路、参加されました。また、2014年6月4日に大阪の前島竹堂先生と一緒に由良興国寺を訪問した時に、寺田先生は法堂で調子を献奏されましたが、その豪快な音味は、今でも耳に残っています。また地元の高垣旅館で、私たちに夕食をご馳走していただきました。その思い出は忘れることが出来ません。寺田先生のご冥福をお祈りします。
興国寺法堂で調子を献奏される寺田先生(クリックで画像を拡大)
高垣旅館での夕食・左端が寺田先生(クリックで画像を拡大)