岡山県高梁市に帰る旅・川崎市の自宅に戻る旅
HOME > その他のこと(3) > 岡山県高梁市に帰る旅・川崎市の自宅に戻る旅

岡山県高梁市に帰る旅(その1)2021.11.25

11月24日の午前10時過ぎに、川崎市の自宅を長女のふさ子と車で出発しました。横浜青葉ICから東名高速に入りましたが、事故渋滞で海老名Ic通過まで2時間もかかりました。そのため、三重県菰野の湯の山温泉には2時間遅れで午後5時に到着しました。この日は朝から強風で、高速道での運転も横風で大変でした。湯の山温泉の御在所ロープーウエイは終日運休したとのこと。今日は朝から天気の良く、寿亭から御在所ロープウェイで山頂駅に、さらにリフトで御在所岳山頂まで登り、巨管の2尺6寸管を吹いてきました。午前11時に下山し、菰野ICから、岡山県高梁市の有漢ICまで、ここから国道313号経由で実家に午後5時に到着しました。
宿泊した寿亭玄関前で長女と(クリックで画像を拡大)
御在所ロープーウエイ駅(クリックで画像を拡大)
御在所山頂駅を望む(クリックで画像を拡大)
リフトに乗り継ぎ山頂に(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅(その2)2021.11.25

10月29日の時は、琵琶湖を眺めながら献奏しましたが、今回は残念ながら琵琶湖は見えませんでした。
御在所岳山頂で献奏(クリックで画像を拡大)
御在所岳山頂で献奏(クリックで画像を拡大)
御在所岳山頂で献奏(クリックで画像を拡大)
御在所岳山頂で献奏(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅(その3)2021.11.25

御在所岳山頂で献奏(クリックで画像を拡大)
ゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)
ゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)
ゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その1)2021.10.29

8月から岡山県高梁市の実家で生活をしていましたが、久々に川崎市の自宅に戻ることにしました。神奈川県相模原市から帰省しました長女と28日の朝、車で出発予定で荷物の積み込みをしていたところ、母の入居先の老健から緊急電話、早朝に母が歩行中に転倒したとのことで、すぐに病院に行くので同行してほしいとのこと。すぐに娘と病院に出掛けました。検査結果は最悪の、大腿骨骨折でした。母は他の病気もあり、手術は出来ないとのことで、大変な事態になりました。母は施設に戻ったので、会計を済ませて、午後2時に実家を車で出発、三重県御在所岳麓の湯の山温泉には午後6時に到着しました。29日は晴天、せっかくなので、ゴンドラで御在所岳山頂に出掛けました。徒歩で登山する人も多数いました。山頂に近くなると紅葉もきれいで、強風でしたが、そのため初めて琵琶湖を見ることが出来ました。持参しました地無し3尺管、強風でなかなか思う様に音が出ませんでしたが、良き記念になりました。ホテルの駐車場に戻り午前11時に川崎市の自宅に向かいました。新東名も工事区間もあり、また東名高速も海老名で事故渋滞があり、予定より1時間遅れて午後6時過ぎに川崎市の自宅に戻りました。年末まで川崎市の自宅で皆さんの稽古を予定していましたが、母の体調も良くないので、11月半ばに、また高梁市の実家に帰省することにしました。
宿泊した宿(クリックで画像を拡大)
宿泊した宿(クリックで画像を拡大)
宿泊した部屋からロープーウエイ駅を見る(クリックで画像を拡大)
御在所岳ロープーウエイからの眺め(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その2)2021.10.29

御在所岳ロープーウエイからの眺め(クリックで画像を拡大)
御在所岳ロープーウエイからの眺め(クリックで画像を拡大)
山頂にリフトで向かう(クリックで画像を拡大)
山頂にリフトで向かう(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その3)2021.10.29

御在所岳で琵琶湖に向かい尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
強風の中で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
強風の中で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
強風の中で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その4)2021.10.29

山頂で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
山頂で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
山頂で尺八を吹く(クリックで画像を拡大)
山頂で(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その5)2021.10.29

帰りのゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)
帰りのゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)
帰りのゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)
帰りのゴンドラからの眺め(クリックで画像を拡大)

神奈川県川崎市の自宅に帰る旅(その6)2021.10.29

御在所岳を振り返る(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その1)2021.8.1

8月1日午前10時に川崎市の自宅を車で出発しました。途中、静岡サービスエリアで昼食を済ませて、午後3時に三重県菰野の湯の山温泉に到着しました。湯の本ホテルにチェックインした後、3尺管の尺八を手に、御在所岳ロープ―ウェイに乗り、山頂を目指しました。ゴンドラの中で試し吹きをした後、リフトに乗り換えて御在所岳山頂に出掛け、三角点の前と琵琶湖を望む望湖台の岩の上で3尺管で阿字観を献奏しました。地無し管は400本くらいありますが、この3尺管に勝る尺八はありません。特に山などで、丹田呼吸法で3尺管の空気砲に丹田の息を押し込むと、遥か先まで音がやまびこ返しのように響き渡ります。口先にマイクを付けて演奏する尺八とは別の世界です。
御在所岳ロープーウェイ(クリックで画像を拡大)
御在所岳ロープーウェイ(クリックで画像を拡大)
ゴンドラの中で試し吹き(クリックで画像を拡大)
ゴンドラの中で試し吹き(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その2)2021.8.1

三角点を背に3尺管を吹く(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その3)2021.8.1

もう少し晴れていれば、左手先には琵琶湖大橋が、右手の山の間には琵琶湖畔の長浜が見えるとのこと。残念ながら今回も見えませんでした。
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)
望湖台の岩の上で阿字観を(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その4)2021.8.1

リフトでの戻り(クリックで画像を拡大)
鹿の親子が(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その1)2021.7.30

川崎市の自宅に6月25日に戻り、ワクチン接種や新車の納車などのことも完了したので、明後日の8月1日に岡山県高梁市の実家に車で向かいますが、年齢をを考えて夜中の危険な運転はやめて、朝、自宅を出発、三重県御在所岳の麓、湯の山温泉に宿泊して、8月2日に実家に到着する予定にしています。尺八の製作道具、胡弓の弓の製作道具、胡弓の駒の製作道具などを準備しました。これらを持ち帰る、実家の工房で暑い夏の作業を予定しています。9月末に川崎に戻る予定なので、どこまで作業ができるか未定です。
竹材やガリ棒、手穴尺などの工具(クリックで画像を拡大)
弓を製作する治具類(クリックで画像を拡大)
研磨に使用する木賊(クリックで画像を拡大)
細かな工具類(クリックで画像を拡大)

岡山県高梁市に帰る旅・準備など(その2)2021.7.30

集めるとかなりの重さです(クリックで画像を拡大)