前島竹堂氏を偲んで
HOME > 尺八で出会った方々の思い出 > 前島竹堂氏を偲んで

明暗蒼龍会の長老・前島竹堂氏を偲んで(その1)(2021.5.7)

明暗蒼龍会の長老・前島竹堂(義樹)先生が、4月23日の早朝に98歳で亡くなりました。私の義父と同じ日の同じ時刻に亡くなり、忘れることはないでしょう。前島先生は琴古流は宗家竹友社の2代目川瀬順輔氏師の奏法が好みで、竹友社の系統、大阪の廣澤静輝師の門下となり、明暗尺八は大阪の桜井無笛師の門下となりました。古管尺八も古鏡をはじめとしてたくさん蒐集され、また、ゴルフ場の造園工事では、工事着工前に真竹の竹藪から地無し尺八になる材料を先に掘り出すことをされて、多数の地無し管も製作されました。生前、前島先生の話では、岡山県北のゴルフ場建設現場の真竹は竹質が良くて、良き地無し管が製作できたとのことでした。昭和61年7月25日に横浜山手の日本郵船倶楽部での研修会に、同じ桜井無笛師の門下、伊東笛斎氏の紹介で初めて出席されました。その後、明暗蒼龍会の行事に参加されるときは、蒼龍会の二代目会長・高橋峰外氏宅に宿泊されました。前島先生は、腰痛で手術をされた後、後遺症で苦しい毎日だったと思います。娘さんの話では、亡くなる前日の夕食もきちんと食べられたとのこと。また、前島先生は虚無僧研究会本部、新宿区法身寺の墓地にあります蒼龍の碑の会員なので、コロナが収束したら、分骨を蒼龍の碑に納骨し、本堂で法要をすることにしています。ご冥福をお祈りします。
1987.7.25郵船倶楽部での蒼龍会(前列右端が前島氏)(クリックで画像を拡大)
1988.1.16郵船倶楽部での蒼龍会(左端が前島氏)(クリックで画像を拡大)
1988.5.22伊豆・旭瀧(手前が前島氏)(クリックで画像を拡大)
1991.1.12郵船倶楽部(奥の中央が前島氏)(クリックで画像を拡大)

明暗蒼龍会の長老・前島竹堂氏を偲んで(その2)(2021.5.7)

前島先生との思い出の写真はたくさんありますが、その中の一部を掲載します。
1991.8.24(新潟古町の料亭)(後列左端が前島氏)(クリックで画像を拡大)
2014.2.6前島先生宅にて(クリックで画像を拡大)
2014.2.6前島先生宅にて(クリックで画像を拡大)
2014.6.4由良興国寺訪問(クリックで画像を拡大)

明暗蒼龍会の長老・前島竹堂氏を偲んで(その3)(2021.5.7)

2014.6.4由良興国寺訪問・高垣旅館で(クリックで画像を拡大)
2014.11.11(前島先生宅)(クリックで画像を拡大)
2014.11.11(みのお山荘にて)(クリックで画像を拡大)
2016.2.9(千里中央・梅の花で)(クリックで画像を拡大)

明暗蒼龍会の長老・前島竹堂氏を偲んで(その4)(2021.5.7)

挨拶状(クリックで画像を拡大)

名管を語る(前島竹堂)(その1)

表紙(クリックで画像を拡大)
古管の解説(1)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(2)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(3)(クリックで画像を拡大)

名管を語る(前島竹堂)(その2)

古管の解説(4)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(5)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(6)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(7)(クリックで画像を拡大)

名管を語る(前島竹堂)(その3)

古管の解説(8)(クリックで画像を拡大)
古管の解説(9)(クリックで画像を拡大)
尺八名家一覧表(1)(クリックで画像を拡大)
尺八名家一覧表(1)(クリックで画像を拡大)

名管を語る(前島竹堂)(その4)

尺八名家一覧表(3)(クリックで画像を拡大)
前島竹堂蔵・古管(クリックで画像を拡大)