岡本竹外先生から学んだ技と弘前の旅
HOME > 岡本竹外先生から学んだこと > 岡本竹外先生から学んだ技と弘前の旅

岡本竹外先生から学んだ技と弘前の旅(2014.10.14)

この記事は、虚無僧研究会の小菅会長から依頼があり、虚無研会報に記載する為に書いた記事です。

岡本竹外先生から学んだ技と弘前の旅      明暗蒼龍会 前川耕月 

 

私は十八歳で、琴古流尺八の先生に入門しました。琴古流尺八の世界では、ひたすら三曲合奏の稽古でした。目標は大きな音を出すことでしたが、二十八歳の時に、琴古流尺八の兄弟子から、横浜に明暗流の本曲を吹かれる岡本先生がいるとのことを聞きました。琴古流尺八の方も、頭打ちの状況の中、明暗本曲に何かしら興味を持ち、早速、兄弟子に岡本竹外先生を紹介していただき、昭和五十三年の十月に入門することができました。初めての稽古日に稽古に来られている皆さんは、地無し管の二尺一寸管や二尺三寸管を持参していました。私はとりあえず、琴古流尺八の一尺八寸管を持参して、まず調子の曲から指導していただきました。地無し管の入手方法を先生に尋ねると、今は手持ちの尺八も無いので、大阪の門田笛空さんに注文をするとのことでした。岡本先生の地無し一尺八寸管を吹かれるのを見ると、私がこれまで十年間、琴古流尺八を吹いてきた奏法とは別物であることがわかりました。今までのように口先を絞って、力任せで吹くのは、まずいと判断して、稽古の時は、先生のような吹き方真似をしました。ひとまずは、ごまかしのような状況でした。一ケ月くらいしてから、会社で勤務中に岡本先生から電話があり、門田さんから地無し管が届いたので、会社の帰りに家に来るようにとのことでした。その当時、尺八代金が二十一万円とのこと。会社の昼休みに銀行に出かけて、定期を解約して、仕事が終わると、岡本先生宅に向かいました。初めて手にした地無し二尺三寸管、思わず嬉しさがありましたが、先生から、この尺八は鳴りがいいので、これで稽古をすれば上達すると言われました。次の稽古日からは、この地無し管を持参して、指導してもらいましたが、何故か先生の音味とは別の道に逸脱しているような感覚で、悩んでいる間に一ケ月が過ぎてしまいました。今度は手にした地無し管の奏法で深い谷底に落ちてしまいました。そんなある日、夢の中で、今迄の奏法が間違っていて、口先を変えたら別の音がでたところで夢から覚めました。この朝は、誰も出社する前に、会社に地無し管を持参、階段の踊り場にありました姿見の前で、夢の再現をしたところ、前日までの音とは別物の音を出すことができました。この時の嬉しさは、一生忘れられないものに

なりました。その翌週に、蒼龍会の総会が予定されていたので、担当の私に打ち合わせに来て欲しいと、岡本先生から連絡があり、喜びいさんで先生宅に出かけました。蒼龍会の総会の場所や日時など先生から相談され、なんとか会場も予定ができたので、私が夢に見た奏法のことを先生に話したところ、先生が口にされた言葉は、ある雲水がいくら修行を積んでも悟りが開けないで悩んでいたが、ある時に、竹箒で庭を掃いていたら、箒で刎ねた小石が飛んで、近くの竹に当たり、カンと甲高い音を発した。その音を聞いて、この雲水は悟りを開いたとのこと。あなたは夢の中で地無し管の奏法について悟りを開いたのですよと言われました。その後に、尺八の奏法には難管鳴らしという技があると聞きました。その奏法について、岡本先生に入門した時に、拝領しました大森曹玄師の書かれた「劍と禪」、先生は、この本を本棚から手にされ、その本の中の「むすび」に心・息・身の一致と剣、のところに「正中心鍛練法」を提唱された肥田春充氏の丹田の図面が掲載されている部分を指摘され、剣も地無し管も同じ丹田で音を出すように努力をすれば、今までと違い「自在の音」が出せるようになると言われました。また、あなたは今でも、琴古流尺八で合奏稽古をしているようだが、私の琴古流尺八の合奏の思い出はこんなことがあったと話されました。地唄、九州系の名手川瀬里子氏の門下、初代・青木鈴慕師の妹、太田里子先生と、若い時に合奏をしたが、その出す音に太田里子師から、もう少し、三味線の音に乗るような、音を出すようにしなさいと言われ、それから三曲合奏での、音味を変える稽古をしたとのこと。その工夫した結果、何年かして太田里子師と合奏したら、あなたの吹き方は。以前とは別物になったねと褒められたとのこと。あなたも、そんな音味が出せるように研究しなさいと、岡本先生が吹かれた残月のテープをいただきました。三十五歳までは、琴古流尺八と明暗の地無し管の稽古を続けていましたが、それからは地無し管一筋になりました。地無し管の製作も、先生の所蔵されていました、桜井無笛師の地無し管を参考に、年末に岡山県高梁市の実家に帰省する度に、竹堀をして、油抜きをしては、実家で竹干しの管理をしてもらいました。それからは、岡本先生の吹き料でありました大久保甲童作の地無し二尺三寸管のような竹材探しをしました。平成五年に岡本先生から蒼龍窟の免状を頂いた頃の十月に、岡山県の実家で法要があり帰省した時に、わずかの時間を利用して竹材五本ばかり掘ることができました。その中の一本の材料から、後に三尺管を製作することができました。その一本の尺八が、後に「自在の音」を出す、すばらしい道具になったわけです。岡本竹外先生は平成十二年四月に亡くなりましたが、その二か月前に、先生の前で献奏しましたが、まだまだ、この技は完成の途中でした。やっと、それらしい技が完成したと感じるようになったのは平成十七年でした。この年に、妻が仕事で利用しているスタジオを借りて、三尺管で岡本先生から学びました本曲を三曲吹き込みました。その後、平成十九年に、別の曲を五曲吹き込むことができました。従来の尺八奏法ならば、歌口の部分にマイクを置いて録音ですが、岡本先生から学んだ奏法では、尺八の管尻の先から音が出るので、マイクは、床のすぐ上に設置して録音してもらいました。その後、いろいろな場所で出会う方々に、このCDを差し上げましたが、皆さんからいただきました、お礼の手紙に書いてあることは、このCDを休みの日に、一日中聞いていたとか、あるいは高齢のおばあちゃんから、疲れて寝付かれない時に、このCDがあることを思いだして、頭もとで、かけて寝るといつのまにか熟睡していたとのことでした。琴古流尺八の十年間の間、自分で力いっぱい吹いていた尺八の音は、聞く方にすれば、我慢の十分間だったかも知れませんが、岡本先生から学んだ奏法は、口先に力を入れることもなく、ただ、丹田を動かせば、尺八のさきから自在に音が出せる奏法。吹く尺八とは別物なので、肺活量の心配もなく、先生の言われていました、太い竹ほど楽に大きな音が出せるという、この技がなんとか習得できました。一昨年、青森県弘前市誓願寺において、虚無僧研究会の献奏大会が開催されましたが、最後に薩摩琵琶の名手・平尾雄三さんに一曲演奏していただきました。懇親会の後に、平尾さん宅に招かれた時に、平尾さんから、東京在住の鶴田錦史師宅まで弘前から七年間稽古に通った話を聞きましたが、その話の中で、鶴田先生から、聞く人に向かって、これでもか、これでもかと音を出しても、相手は横を向いてしまう。そうではなくて、相手を誘い込むような音を出さなければ駄目だよと言われたとのこと。岡本先生から「自在の音」を出すようにと指導を受けて、三十年の月日が過ぎた今、やっと、丹田と口の滑車と、そして尺八の中のピストンが一本の糸で結ばれ、尺八を意識することなくただ、丹田を自在に操ることで、地無し管の先からは、自在の音味の音が出せるところまで、到達できるようになってきました。この事を、亡くなった岡本先生にいかに報告しようかと思っていた、二か月前の、ある夜に、変な夢を見ました。芒の生えた、広い草原の中央に大きな石があり、その石の上に岡本先生が杖を片手にどっしりと座っているのが見えました。その方向に、一生懸命歩くのですが、なかなか近づけません。やっとのことで、先生の前に着いて先生「自在の音が完成できました」こう報告したのですが、先生は返事をすることもなく、ただ生前の顔で、にっこりされると、立ち上がり、杖を片手に、芒の生えた草原を向こうに立ち去っていかれました。その後は意識も無く、朝の陽ざしで目が覚めました。今年十月十三日は、弘前市誓願寺において、津軽初代藩主、津軽為信公の軍師であり、弘前の街づくりに貢献したと言われています、沼田面松斎顕影会が開催されます。この会は弘前城築城四百年祭の一環として開催されるようになり、今年で四回目になります。昨年までは、郷土史の先生方が津軽藩の歴史などを講演されてきましたが、出席者の方々が、一時間の話を本堂の中で聞くのも、忍耐が必要になります。今年は、その講演の講師がなかなか、見つからないとのことで、誓願寺さんから、私に尺八献奏と、錦風流尺八の話をしてほしいと依頼がありました。虚無僧研究会の献奏大会で大変お世話になったこともあり、今回の講師を引き受けることにしました。津軽藩の歴史については、地元の方々の方が詳しいので、尺八献奏の間に、私の郷里、岡山県高梁市「備中松山城」にまつわる話をし、その後、津軽錦風流の話をして、錦風流尺八演奏は地元の、錦風流県技芸保持者・藤田竹心氏、伝承会の高橋勝良氏に津軽弁の本物を、お願いしました。今回の講演で私がいただきました貴重な一時間、皆さんを誘い込むような献奏や話ができるかどうか、出席された方々の顔が下に向かないことを願いながら、弘前に出かけてきます。